水戸から羽ばたいた日本一! 水戸ご当地アイドル(仮)がご当地アイドルの頂点に!!

2013/12/15 12:17 配信

イベント・舞台

「U.M.U AWARD 2013」でご当地アイドルの頂点に立った水戸ご当地アイドル(仮)の(写真前列左から)さゆみん、かほっほ、(後列左から)りーりん、まりなっぴ、ほなみ

「U.M.U AWARD 2013」でご当地アイドルの頂点に立った水戸ご当地アイドル(仮)の(写真前列左から)さゆみん、かほっほ、(後列左から)りーりん、まりなっぴ、ほなみ

ご当地アイドルのNo.1を決める「ご当地アイドルNO.1決定戦『U.M.U AWARD 2013』~全国発信!『1/47アイドル特区』宣言!!~」の決勝大会が12月13日、東京・原宿クエストホールで開催され、茨城県代表の水戸ご当地アイドル(仮)がグランプリを受賞した。

「U.M.U AWARD」は、日本全国で活動しているアイドルグループたちによる音楽フェスティバルで、「U.M.U」とは「Under Major Unitidol」の略称。'10年から開催されており、第1回大会は新潟県代表・Negicco、'11年の第2回大会では広島県代表・まなみのりさ、'12年の第3回大会では北海道代表・フルーティーがグランプリを受賞。今回は水戸ご当地アイドル(仮)のほか、福島県代表・アイくるガールズ、東京都daihyou・柊木りお、愛知県代表・アイドル教室、京都府代表・RED-POINT、奈良県代表・LE Siana、広島県代表・ひろしまMAPLE☆SとSPL∞ASH、福岡県代表・乙女の純情、鹿児島県代表・サザン★クロスの10組が決勝大会に進出した。

昨年、惜しくも涙を飲んだ水戸ご当地アイドル(仮)は今回、トップバッターとして登場。優勝を目指して1年間活動してきたという彼女たちは、昨年と同じくデビュー曲「NEBAPPE☆MITOPPO」を披露。「一番、茨城、水戸の魅力を伝えられる曲」(かほっほ)という、水戸の名物・納豆など地元にちなんだ事柄や水戸黄門の印籠パフォーマンスを取り入れた楽曲に加え、水戸から駆け付けたファンの後押しなど、地元と一体となった“ご当地感”を発揮。「いつかは日本一」という歌詞のとおり、念願のグランプリを獲得した。

ピンクの優勝旗を手にしたメンバーは、「ことしは悔し涙じゃなくてうれし涙を流そうって、ファンの人と約束してたので幸せです」(ほなみ)、「今日ここに残れたのは、いろんな人たちに協力があったからだと思うので、たくさんありがとうって言いたいです」(まりなっぴ)、「皆さんにやっと恩返しができたんじゃないかなと思います」(かほっほ)と、1年越しの夢をかなえた喜びを語った。また、さゆみんは「絶対に優勝しようねって言ってたんですけど、歌もダンスも上手じゃないから負けちゃうかもしれないと思って、途中から自信がなくなってきちゃって…。ギリギリまで不安でした」と涙ながらにコメント。この日、欠席だったえりりんの“ふわふわピンク”のリストバンドを着けて臨んだりーりんは、「直前に喉を痛めてしまい、運営さんが喉のお薬を買ってきてくれて。苦い薬は飲みたくなかったんですけど、飲んだかいがありました」と明かした。

'12年に「水戸の街中を活性化させようということで、イベントをやって人が集まれば、周りのお店もにぎわうんじゃないかというところから始まりました」(かほっほ)ということで結成された彼女たち。「震災後に元気がなくなった街中を、笑顔でいっぱいにするために活動してきました」というさゆみんの言葉どおり、地元の活性化のため茨城県内で精力的に活動を続けてきた。グループ名の(仮)については、「(仮)が正式名称です。名前が未定なのではなく、かっこの中が“仮”なだけで。街中でやるイベントでは(街)になったり、グッズのタオルでは(綿)になったり、イベントやグッズなどに溶け込めるようになっています」(かほっほ)とのこと。ちなみにこの日は、「全国制覇を目指して(覇)になってました」(まりなっぴ)という特別バージョンだったそうだ。

今後の目標について、かほっほは「結成当初の目標として、老人ホームや幼稚園、公民館などを回ろうというのがあり、ツアーができればいいなと思っていたので実現させたい。地元の方ともっと交流を深めていきたいです」とコメント。さゆみんも「茨城は(地域ブランド調査2013の)『都道府県魅力度ランキング』で最下位だったんですけど、これからは自信を持って私たちも茨城、水戸を発信していきたいと思う。みんなにも自信を持って『茨城が大好き』『茨城はいい所』って言ってもらえるように頑張ります」と意気込みを語った。

今後、メジャーなアイドルと共演する可能性も出たことについて、ほなみは「元々アイドルがすごい好きなんですけど、もし会うことになったらどうしたらいいか分からないです」と、喜びながらも少し戸惑い気味。同じく、アイドルが大好きなまりなっぴも「私立恵比寿中学の星名美怜ちゃんが360度どこから見てもアイドルっていう感じで。そんなアイドルになりたい」と、目をキラキラさせていた。

最後に「これからも頑張っぺ!」と茨城弁で締めくくった彼女たち。全国のご当地アイドルたちの頂点に輝いた水戸ご当地アイドル(仮)の今後の活動に注目したい。

水戸ご当地アイドル(仮)公式HP
mito-idol.kirara.st/

関連ニュース

画像で見るニュース