映画「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」クランクインインタビューPART2【松坂桃李】

2014/03/15 10:00 配信

映画

ドラマ「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」('10年)では研修医だったが、映画では救命救急医に成長している松坂桃李(右)演じる滝沢

ドラマ「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」('10年)では研修医だったが、映画では救命救急医に成長している松坂桃李(右)演じる滝沢

フジ系で放送中のドラマ「チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮」が、3月18日(火)に最終回を迎える。同作は伊藤淳史演じる“人のいい心療内科医”田口公平と、仲村トオル演じる“厚生労働省の変人官僚”白鳥圭輔の凸凹コンビが活躍する、海堂尊原作の医療ミステリー「チーム・バチスタ」シリーズの4作目。最終回では、ついに螺鈿の部屋のからくりが明らかになる。

今作でドラマシリーズは完結。物語は3月29日(土)公開の映画「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」へと続き、約6年続いた“チーム・バチスタ”シリーズが終焉を迎える。映画公開に先立ち、キャストのクランクインインタビューを全4回にわたって送る。PART2は滝沢秀樹役の松坂桃李。

――クランクインの感想を教えてください。

「バチスタ・シリーズ」に「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」('10年)で初めて出させていただいてから約4年。時を経て、同じ“滝沢秀樹”役で出ることになり、懐かしさがものすごく込み上げています。それと同時に、妙な緊張感も…(笑)。ここ最近で一番緊張しています。

――久しぶりの“バチスタ”の現場はいかがですか?

伊藤さんをはじめ、西島(秀俊)さん、木下(隆行)さん、加藤(あい)さん、戸次(重幸)さんと、あのころと同じ皆さんにお会いして、思わずにやけてしまいました。当時、キャスト内であだ名がはやっていたんですが、僕は「ピーちゃん」と呼ばれていて、今回皆さんにお会いしてまた「ピーちゃん」と呼ばれると、「ああ、帰ってきたんだな~」とすごく実感します。

――最後に意気込みを聞かせてください。

ドラマでは研修医だった滝沢が、映画では救命救急医になり、“滝沢先生”と呼ばれます。衣装も研修医の水色から、速水先生(西島秀俊)と同じカラーのものを着ています、かなりうれしいですよね。これを着たからには、時を経た滝沢なりの成長感を出し、作品の中にちゃんと存在できるよう頑張りたいです。進化した滝沢の姿を、皆さまにお届けできたらと思います。

PART3は速水晃一役の西島秀俊。

映画「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」
3月29日(土)より全国東宝系で公開
(C)2014「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」製作委員会

関連ニュース

画像で見るニュース