「愛車遍歴」放送100回を記念してとんねるずがゲストに登場!

2014/07/01 22:46 配信

バラエティー

放送100回目を迎える「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!」に出演する(左から)竹岡圭、おぎやはぎの小木博明と矢作兼、とんねるずの石橋貴明

放送100回目を迎える「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!」に出演する(左から)竹岡圭、おぎやはぎの小木博明と矢作兼、とんねるずの石橋貴明

BS日テレで毎週土曜に放送中の「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!」が7月12日(土)の放送で100回目を迎えるに当たり、99回目のゲストに木梨憲武、100回目のゲストに石橋貴明と、とんねるずの二人が駆け付ける。

同番組は“愛車遍歴を辿れば、その人の人生がみえてくる!”をコンセプトに、おぎやはぎと自動車評論家の竹岡圭が、ゲストの車にまつわるさまざまなエピソードを語るカートークバラエティー。

おぎやはぎととんねるずはさまざまな番組でも共演して信頼関係も厚いようで、自らがMCを務める番組以外での出演がほとんどないといわれるとんねるずは「おぎやはぎだから(この出演の話を)受けた」と口を揃えた。

7月5日(土)放送の第99回では、木梨が高校卒業後に自動車メーカーに就職し、メカニックをしながらオーディション番組に出演していたエピソードを明かす。さらに、多趣味な木梨が選ぶお気に入りの一台や、高校時代の石橋の逸話、家族でのドライブの話などが飛び出す。また、7月12日(土)放送の第100回では、石橋が18歳で教習所に通い始めたころの失恋体験や、人生初の愛車に初めて乗せた母親との珍道中を告白。車へのこだわりだけでなく、交友があったという美空ひばりとの秘話も語る。

100回を迎え、矢作は「80人超と車の話をしてきたなんて信じられない」と振り返り、「100回終わったけど、200回までは確実に行ける。終わる気がしないもん!」と番組への愛着を見せた。さらに、「新しい車が出続けるからネタも尽きないし、『まだ若いから遍歴があんまりない』って人には今後乗ってほしい車のプレゼンをしたりもできる」とアイデアを出し、車に興味がない芸能人にどんどんゲストに来てほしいと語った。

一方、小木は番組を見ている芸能人からよく声を掛けられることについて「『見てるよ』って、MCやってる人に言いたくなる番組なんてあんまりないからね。そんな番組持てるなんて、ほんとにうれしいことですよ」と喜びを噛みしめた。また、「これで100回ならいくらでも行けるよね。ゲストに来てほしい人はまだまだたくさんいる。長嶋茂雄さんとかね」とさりげなくアピールした。

最後に二人は「若い人に車買ってほしいよねー」(小木)、「番組見てるとさ、車欲しくなっちゃうと思うんだけど、我慢しなくていいですよ? 買っちゃってください」(矢作)と、自動車の購入を促した。

「おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!」
毎週土曜夜10.00-10.54
BS日テレにて放送
※7月12日(土)はプロ野球中継延長時、時間変更の場合あり