「銭の戦争」大島優子が告白シーンを語る!

2015/03/03 12:29 配信

ドラマ

3月3日(火)に放送される「銭の戦争」(フジ系)で未央(大島優子)は思わず富生(草なぎ剛)に告白してしまう

3月3日(火)に放送される「銭の戦争」(フジ系)で未央(大島優子)は思わず富生(草なぎ剛)に告白してしまう

韓国の人気コミックを原作に、父の借金で転落した元エリート証券マン・白石富生(草なぎ剛)が、壮絶な復讐を遂げていくドラマ「銭の戦争」(フジ系)。

2月24日に放送された第8話では、富生が自殺した父親の敵(かたき)でもある赤松(渡部篤郎)と手を組んで、父親の会社・ホワイト化学を買い戻そうと奔走した。しかし、赤松が裏でホワイト化学を買い取った青池グループの株51%を20億円で買ったことが判明し、再び宿敵赤松と対峙する展開に。

本日3月3日(火)放送の第9話では、富生がホワイト化学奪還ために、利害の一致する元婚約者・梢(木村文乃)と一時休戦。青池グループや祖母(ジュディ・オング)を守りたい梢と共に策を練り、赤松の陰謀を阻止するマネーゲームを企てる。しかし、一方で、富生と同居している未央(大島優子)は、富生のことを心配するあまり、富生に愛の告白とも取れる一言を言ってしまう…。

未央を演じる大島は、告白したシーンについて「未央にとって、きっと富生みたいなタイプは初めてで、危険なところ引かれてしまったんだろうなって思っていました。ですから、この未央の“ただただ純粋に好き”という部分を表現したかった」と振り返った。

また「このシーンが、最終話で明らかになる『え!そうなるの!?』という富生、未央、梢の関係の決着を作るきっかけとなります」と話し、第9話のこのシーンの重要さを語った。

ナチュラルな芝居に定評があり、昨年公開の映画「紙の月」での演技が評価され、先ごろ日本アカデミー賞・助演女優賞を受賞したばかりの大島。元婚約者・梢に嫉妬心を抱きながらも、草なぎ剛演じる富生に初めて思いを伝える第9話でどのような演技を見せるのか?

「銭の戦争」
毎週火曜夜10:00-10:54
フジ系で放送
※第9話は3月3日(火)放送

関連番組

関連人物