ヒロミが10年間テレビから消えていた理由を激白!

2015/07/13 05:00 配信

7月20日(月)の「しくじり先生 俺みたいになるな!!&Qさま!! 合体3時間SP」で授業をするヒロミ

7月20日(月)の「しくじり先生 俺みたいになるな!!&Qさま!! 合体3時間SP」で授業をするヒロミ

7月20日(月)に放送される「しくじり先生 俺みたいになるな!!&Qさま!! 合体3時間SP」の「しくじり先生-」パートに、“10年間テレビから姿を消しちゃった先生”としてヒロミが登場することが分かった。

ヒロミはタレントとして第一線で活躍していたにもかかわらず、10年もの長い間テレビ業界から姿を消すことになった知られざる真実と、“空白の10年間で分かったこと”を激白する。

最も多忙だった'97年ごろ、週に10本のレギュラー番組を抱えていたヒロミ。生意気なキャラクターで先輩の大御所タレントたちをもビシバシと仕切り、お茶の間を沸かせていた。当時の最高月収は、なんとウン千万円もあったという。果たして全盛期、ヒロミはいくら稼いでいたのか…。

ところが'04年、39歳の時にレギュラー番組がゼロに。瞬く間に仕事がなくなり、完全にテレビから姿を消すことになってしまった。

その空白の期間は、およそ10年間。ヒロミは自身がテレビから消えた理由を“年下の後輩芸人や若手スタッフに偉そうに接してしまった”からだと分析する。なぜ年下から嫌われると仕事を失うのか、当時は気付かなかったその相関関係が明らかになる。

そもそも、ヒロミはどうしてそこまで年下に敬遠されてしまったのか。ヒロミはそんな自身の心情を妻・松本伊代のヒット曲「センチメンタル・ジャーニー」のワンフレーズに乗せて歌いつつ、授業を展開する。

番組では、“当時ヒロミ先生にやられて嫌だったこと”を関係者から聞き取り調査。その結果を授業で公開するが、スタッフが聞き込みをしたところ、ヒロミの嫌われエピソードは枚挙にいとまがない。

果たして“イケイケ全盛期”のヒロミが放った暴言、やりたい放題のパワハラ的行動とは。恐ろし過ぎるエピソードを聞いた生徒たちは「そんなことやったらダメに決まっているでしょ!!」と、震え上がる。

さらに、ヒロミは芸能界を離れて分かったことや、なぜ10年もの間、復帰できなかったのかの理由も説明。

最後は一度テレビ業界から消えたヒロミが、後輩たちに向けてアドバイスを熱弁する。“裸の王様”にならないために気を付けることは何かを伝授し、仕事も人生も面白がるコツを伝えていく。

自らの行いを振り返り、包み隠さず語り尽くすヒロミの授業に、担任のオードリー・若林正恭や乃木坂46・高山一実ら生徒たちも思わず感動してしまう。

番組ではこれまでも数々の伝説の授業が行われてきたが、ヒロミによる熱のこもったアドバイスを聞けば、センチメンタルな人も元気になるんジャーニー?

「しくじり先生 俺みたいになるな!!&Qさま!! 合体3時間SP」
7月20日(月)夜7:00-9:48
テレビ朝日系で放送

「しくじり先生 俺みたいになるな!!」
毎週月曜夜8:00-8:54
テレビ朝日系で放送

関連人物