RIJF2015で過去最大の25万人が熱狂!

2015/08/12 13:35 配信

音楽

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」の4日目、8月9日に潜入!Dragon Ashの熱いステージに会場の温度も上がる!

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」の4日目、8月9日に潜入!Dragon Ashの熱いステージに会場の温度も上がる!

ことしで16回目となる日本最大のロックフェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」が8月1日、2日、8日、9日の4日間にわたり、茨城・国営ひたち海浜公園で開催された。'14年に続き、4日間の開催となった同フェスでは、188組のアーティストが熱いステージを繰り広げ、来場者数は延べ25万人を記録。最終日の8月9日の模様をステージごとにリポートする。

<GRASS STAGE>

ROCK IN JAPAN FESTIVAL最大のステージであるGRASS STAGEにはDragon Ash、ACIDMAN、10-FEETらが登場。16年連続出演のDragon Ashは1曲目の「Viva la revolution」で一気に観客の心をつかみ、「Fantasista」などの代表曲で会場の熱気を最高潮に持ち上げる。「Life goes on」では、Kj(Vo/Gt)が「ひたちなかのみんなありがとう」と詞を替えて歌い、会場からは大きな歓声が沸いた。

ことしのGRASS STAGEの大トリを飾ったのは10-FEET。「VIBES BY VIBES」「STONE COLD BREAK」と、飛び跳ね続ける観客に休む暇も与えない猛チャージの中、Dragon AshのKjが飛び入り参加し「River」のコラボも。アンコールでは未完成の新曲や「CHERRY BLOSSOM」「その向こうへ」を披露し、熱く感動的なステージは終えんを迎えた。

<LAKE STAGE>

円形の客席に包まれたLAKE STAGEで注目を集めたのはでんぱ組.inc。入場制限がかかるほど満員の客席を前に、一人、ステージに登場したメンバーの古川未鈴が和太鼓をたたき出すと、その音色に合わせて会場からは拍手が巻き起こる。続いてメンバー全員が登場し、スタートした「でんぱれーどJAPAN」では、観客は大音量の歓声とともに拳を突き上げ、「おつかれサマー」では無数のカラフルなタオルが回る。

LAKE STAGEのトリを務めたのはandrop。1曲目「Voice」では観客の手拍子とコーラスが響き渡る。内澤崇仁(Vo/Gt)が「ラスト、もっと楽しもうぜロッキンジャパン!」と声を掛け、続けた「Lit」では、日が暮れた会場に青、緑、赤の照明が光り輝く。「Yeah! Yeah! Yeah!」で会場のボルテージは最高潮に達し、アンコールの「MirrorDance」を終えた後も大きな歓声と拍手が鳴り響いていた。

<SOUND OF FOREST>

木々に囲まれたステージのSOUND OF FORESTでは、LOVE PSYCHEDELICOが14年ぶりに登場。KUMI(Vo/Gt)とNAOKI(Gt)によるアコースティックギターの「Your Song」の他、「Last Smile」「LADY MADONNA~憂鬱なるスパイダー~」などを披露。KUMIは「盛り上がってる?」「初日から来てる人?」などと曲の間には必ず会場に声を掛け、カジュアルな雰囲気で盛り上がる。

夏の暑さが全開となった昼2時半過ぎ、Czecho No Republicが真っ白な衣装で登場し、武井優心(Vo/Ba)が「オレら、病院から出てきたみたいだな」と笑いをさそう。「No Way」「Amazing Parade」では観客は一斉に腕を上げ飛び跳ね、会場に一体感が生まれる。

SOUND OF FORESTのトリはYOSHII FUNK Jr.こと吉井和哉。吉井とサポートメンバーは皆アフロヘアと黒いスーツでそろえて登場し、ピンク・レディーの「ウォンテッド(指名手配)」のカバーの他、「ビルマニア」「超絶☆ダイナミック!」などを披露した。

<PARK STAGE>

GRASS STAGE とLAKE STAGEの中央に位置する芝生のPARK STAGEには初登場のゴスペラーズが。5人のメンバーがマイクだけで繰り広げる“アカペラ”のステージは「永遠に」でスタート。ムーディーな雰囲気に包まれる会場に向け、村上てつやが手を振るよう仰ぐと、会場では無数の手が大きく波打つ。曲が終わると、静かに聞き入っていた観客からあふれんばかりの歓声が響き渡る。美空ひばりのカバー「真赤な太陽」では酒井雄二がヒューマンビートボックスを披露し、会場の空気がロックフェスらしい“縦ノリ”に変化していった。

4日間の熱演の模様は、9月9日(水)、10日(木)、16日(水)、17日(木)の全日夜7時からWOWOWライブで開催日ごとに放送される。

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」総集編
9月9日(水)夜7:00 DAY-1
9月10日(木)夜7:00 DAY-2
9月16日(水)夜7:00 DAY-3
9月17日(木)夜7:00 DAY-4
WOWOWライブで放送

関連人物