仮面ライダーの新ヒロインは注目美女・大沢ひかる

2015/08/20 23:52 配信

ドラマ

大沢演じる月村アカリは、物理学を専攻する理系女子

大沢演じる月村アカリは、物理学を専攻する理系女子

映画「進撃の巨人」(公開中)のイブキ役、ドラマ「デスノート」(日本テレビ系)の諸水千智役などで注目の女優・大沢ひかるが、10月4日(日)スタートの平成仮面ライダーシリーズ第17作「仮面ライダーゴースト」でヒロイン・月村アカリを演じる。子どもたちの人気者という大役に、「『―ゴースト』が歴史ある仮面ライダーシリーズに負けないくらい愛していただけるように頑張りたい」と意気込む。

「仮面ライダーゴースト」は、その名の通り“妖怪”や“おばけ”がモチーフ。西銘駿演じる主人公・天空寺タケルが眼魔(怪人)に立ち向かい、命を落としてしまう。その後、仙人(竹中直人)の不思議な力で99日間という期限付きゴーストとして復活し強大な敵と戦っていく、というストーリー。ゴーストだけに過去の英雄や偉人の力を借りて戦う点や、命の期限を抱える“せつなさ”を持つ、ユニークなライダーだ。

タケルを支えるヒロイン・アカリはタケルの幼なじみで、大学では物理を専攻する理系女子という設定。一見不思議な現象でも、必ず科学的な説明ができるという信念を持っているが、タケルのために信念を曲げてゴーストハンターの仕事を手伝うことになる。演じる大沢は、1995年生まれの20歳。15歳で芸能界入りし、翌年16歳で舞台「プール・サイド・ストーリー」(11年)に主演し女優デビューを果たした。14年からは「王様のブランチ」(TBS系)でブランチリポーターを務めるなど、活動の範囲を広げている注目株だ。

お披露目の場となった制作発表会見で大沢は、「出演が決まった時は、とてもびっくりしました。オーディションにはすごくかわいい、小さな女の子がたくさんいて、私が守られる、もしくはタケルを支えていける人間になれるのだろうかと、とても不安になりましたが、今は仮面ライダーゴーストが作品として成り立っていくのがものすごく楽しみです」と、気合十分。すでに収録はスタートしているが、「今はまだ御成とタケルと私の3人の場面が多く、内容のない会話をずっとしております。最初のうちは、タケルと私は人見知りで、打ち解けるのに時間がかかるのかなと思ったんですが、御成が本編同様、ムードメーカー的存在で引っ張っていってくれて、とても助かっております。楽しい毎日です。竹中さんともご一緒させていただいたんですけど、ものすごく面白くて、現場のスタッフも笑い泣きで帰っていくという…そんな現場です」と、収録現場にもすっかり馴染んでいるよう。

仮面ライダーゴーストとして戦う天空寺タケル役の西銘は、昨年11月「第27回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞したばかりの17歳の新星。ドラマ出演は今回が初となる。作品について、「仮面ライダーゴーストは、過去の英雄や偉人になりかわって、そのすごい力を使って戦います。子供たちも偉人の名前や能力を勉強できると思うのでぜひ見ていただけたらと思います」とアピール。「僕もスポーツをやっていたので、アクションに関しては自信もあったんですが、いざ挑戦してみると、受け身や転がることでさえうまくできませんでした。ただ、少しずつですが、慣れてきているので、今後僕のアクションが上達してきている姿を注目していただきたいと思います」と自信ものぞかせる。

タケルを生き返らせるキーマン・“仙人”を演じるのは個性派俳優の竹中直人。会見では、「仮面ライダーといえば、本当に美しい美男美女が出る作品ですから、こんなおっさんが大丈夫なのかと心配しましたが、若い子たちに支えられて楽しくやっとるよ。仙人の衣装もとても着心地がいいよ」と愛嬌たっぷりのコメント。仮面ライダーゴーストが過去の偉人の力を借りて戦うという設定には「私は縁あって豊臣秀吉を2回やらせてもらっているので、この作品で偉人が出るのなら秀吉をやりたいと思っています」と、大河ドラマ「秀吉」(96年)と大河ドラマ「軍師官兵衛」(14年)で2度演じた“当たり役”を挙げるリップサービスも飛び出した。

このほか、タケルのライバルでもう一人の仮面ライダー・仮面ライダースペクター/深海マコト役にMEN’S NON-NO専属モデルで俳優・山本涼介、タケルの父親が受け継いできた大天空寺の住職代理・御成(おなり)役に俳優・柳喬之の出演が決まっている。

「仮面ライダーゴースト」
10月4日スタート、毎週日朝8.00-8.30 テレビ朝日系
出演=西銘駿、大沢ひかる、山本涼介、柳喬之、磯村勇斗、竹中直人ほか

↓↓西銘駿のSPグラビアを「WEBザテレビジョン」で配信中!↓↓


キーワード