中条あやみ「『めっちゃ良かったで!』と宣伝して」

2016/02/28 15:00 配信

「ライチ☆光クラブ」の全国公開初日舞台あいさつに登壇した中条あやみ、古川雄輝(写真左から)

「ライチ☆光クラブ」の全国公開初日舞台あいさつに登壇した中条あやみ、古川雄輝(写真左から)

2月13日より関東先行公開をスタートし、ミニシアターランキング(興行通信社調べ)で初週1位を獲得するなど大きな反響を呼び、2月27日から満を持して全国公開となった映画「ライチ☆光クラブ」。

このたび、大阪・梅田ブルク7、ティ・ジョイ京都にて、ゼラ役の古川雄輝、カノン役の中条あやみが初日舞台あいさつに登壇した。

最大キャパが完売した梅田ブルク7では、大阪でもファンの多い古川、大阪出身の中条が登場すると、歓声と拍手で大歓迎。古川は、ゼラのせりふによるおなじみのあいさつを待つファンを前に、「おはよう…、ございます」とつれない第一声を。

ファンからのリクエストにも笑顔でスルーし、東京の舞台あいさつで言い続けた「おはよう、廃墟の恋人たち」を封印した。

一方、大阪出身の中条は、故郷での凱旋舞台あいさつということもあり、客席から「おかえり~!」とたくさんの声援を受け、古川に代わって「おはよう、廃墟の恋人たち」とあいさつし、会場を盛り上げた。

古川は本作について、「先に木村了くんの舞台を見ていて、その後で原作を読みました。オーディションから1年後に出演が決まって、 もう落ちたと思っていたので、ゼラ役に決まった時は驚きました。でも、今までの自分のイメージを壊すような、狂気的な役を一度演じてみたいと思っていたので、思う存分やらせていただきました。この映画を見た後に、僕の演じたゼラというキャラクターに嫌悪していただけたら、役者としてはうれしいですね」と、自信を見せる。

また、中条の印象については「現場にいる男性キャストは、みんな“中2”っぽくて。中条さんが一番大人だったと思います」と、ほほ笑みを浮かべた。

一方、中条は水槽に落とされる薔薇の処刑シーンについて「スタントの方がいるものだと思っていたら『よろしく!』と言われました(笑)。あのシーンの撮影は、NGが出ると、服などを乾かしたりして大変なので、1発OKをもらいました。撮影現場はとても寒くて、男の子たちとストーブの前で温まっていたら、ライチもストーブの前にやって来て、一緒に温まっていて。かわいいなと思いました。ご覧になった方には、めっちゃ良かったで!と宣伝してほしいです」と、かわいらしい関西弁を披露。

また、古川の印象については「現場でもすごくゼラでした。徹底して役に入り込んでいてすごく勉強になりました」と、尊敬のまなざしを向けた。

「ライチ☆光クラブ」
公開中

関連人物