閉じる

中村ゆり、映画「ディアーディアー」で新境地を開く!

2016/05/16 06:02

映画「ディアーディアー」で主演を務めた中村ゆり
映画「ディアーディアー」で主演を務めた中村ゆり

人生の岐路に立たされた3兄妹の姿を描くヒューマンコメディー映画「ディアーディアー」のBlu-ray・DVDが5月18日(水)から発売される。

同作は、ある地方都市で「リョウモウシカ」と呼ばれる幻の鹿を発見した3兄妹が、一躍時の人となる。だが、後にその目撃は虚偽とされ、3人は「うそつき」というレッテルを貼られてしまう。

その後、長男・冨士夫(桐生コウジ)は、家業を継ぎ老朽化した工場と借金を背負い、次男・義夫(斉藤陽一郎)はその出来事によって、精神を病んでしまい病院暮らしに。末娘・顕子(中村ゆり)は、離婚寸前の夫はいるものの、酒浸りの生活になっていた。

バラバラだった3人が父の危篤をきっかけに再会する。そんな顕子を演じた主演の中村ゆりに、演じることについて、今作に懸ける思い、役作り、見どころなど、ここでしか聞けないエピソードを聞いた。

――これまでにない特殊な役柄の顕子を演じられていかがでしたか?

この映画は顕子に限らずダメな人ばかりなのですが(笑)、でも私はそこがすごく好きなところで。どんな人にもダメな部分があるものだし、意識していとおしい部分をつくったりしないで、思いっ切りダメに演じようと思いました。

――役作りはどんなふうにされましたか?

3兄妹の話であり群像劇なので、3兄妹がちゃんと兄妹に見えないとつまらなくなってしまうと思ったので、事前にリハーサルをして3人のキャラクターやテンションを確認するという、準備をしました。

監督からは「(今までの中村さんにない)だらしない女をやってください」と言われたので、歩き方やたばこの吸い方、そういった気だるい感じを意識して演じました。

――顕子になりきるというスイッチはありましたか?

顕子に限らず、現場に入ってスイッチを入れます。

――演技のために日ごろから何かされていることはありますか?

「これをやっている」というよりは、台本に書いてあることだけでなくその背景にあるものを読み取っていく、その準備をすることですね。キャラクターをつくっていくことよりも、置かれている状況や時代を把握して(役の)外堀を埋めていくと、自然とその場に立てると思うので。

ただ、監督と話して自分が考えていたことと全然違うこともあるので、臨機応変に変えていくことも大事だし。いろんな作品を見て、勉強し続けることだと思います。

――そんな多忙な中村さんがリラックスするために何かされていることがあれば、お聞かせください。

全然ないですね(笑)。撮影現場にも何も持っていかないし、家に帰ってビールを飲むとか(笑)。お風呂が好きなので、ゆっくりお風呂に入って、切り離してリラックスすることかな!

――撮影中はどんなふうに過ごされていましたか?

タイトなスケジュールで、皆さん寝ずにすさまじい集中力で撮影していたので、皆さんで飲みに行ったりする時間はなくて。一人で近くにある居酒屋で飲んだことはありました(笑)。

――作品が上映されて、周りの方の反響はいかがでしたか?

細かいところにいろんな仕掛けがされているので、何度見ても発見があると思いますし、同世代の人からの反応が良かったですね。

それに、監督など映画業界の方々もたくさん見に来てくださって、「この時代にこういう映画を作れることがうらやましい」っていう声も頂きました。

――実際にどんな方に見てもらいたいですか?

張り切る気持ちが持てない人とか、心が疲れてる時に見てもらえたらいいのかなって思います。面倒くさいって思ってる時に手に取ってもらって、少しでもリラックスしてもらえたらなって思います。

――3兄妹の話ですが、中村さんはご兄弟とけんかしたことはありますか?

兄がいるので、昔はくだらないことでけんかしていたので、その経験はフルに生かして(笑)、兄妹間の温度とか雰囲気はつかみやすかったです。

――作品の見どころをお聞かせください。

3人ともみんな鹿に翻弄(ほんろう)されていますけど、でもその対象は鹿でもなんでも良かったのだと思います。若い時の栄光に縛られているだけで、自分で想像していたよりも成長できていないと感じている人っていっぱいいると思います。

鹿を他の物に置き換えたら、いろんなことが見えてくると思うし、見る側もいろんな答えがあると思います。(今作は)ヒーローもカッコいい人も出てこなくて、葬儀のシーンも不謹慎なのですが、そういうオフビートな心情を描いたところが魅力だと思います。

――今後、どんな役に挑戦されたいですか?

どんな役でもやりたいですけど、時代とか環境に翻弄されている女性とか、長きにわたって1人の人を演じてみたいですね。あと、コメディーも挑戦してみたいです!

映画「ディアーディアー」Blu-ray・DVD
5月18日(水)発売

製作:渡邉佳子
企画:桐生コウジ
監督:菊地健雄
脚本:杉原憲明
撮影:佐々木靖之
アニメーション:和田淳
エンディングテーマ:「気まぐれな朝」森は生きている
キャスト:中村ゆり、斉藤陽一郎、桐生コウジ、染谷将太、菊地凛子/山本剛史、松本若菜、柳憂怜、政岡泰志、佐藤誓、信川清順、川瀬陽太ほか

ワンピース 2万5920円(Y.M.Walts blue ribbon)
中に着たニット 3万2400円(JOHN SMEDLEY)
スタイリング:阪上秀平
ヘアメイク:藤田響子

画像一覧
7

関連人物

  • 桐生コウジ

  • 斉藤陽一郎

  • 中村ゆり

  • 染谷将太

  • 菊地凛子

  • 山本剛史

  • 松本若菜

  • 柳憂怜

  • 政岡泰志

  • 佐藤誓

  • 信川清順

  • 川瀬陽太

関連ニュース

  • 「硝子の葦」相武紗季の一糸まとわぬ姿がポスターに!

    2015年1月17日10:00
  • “幸せの着地点”を目指す男女の映画の特報が公開!

    2015年2月18日15:00
  • 小澤征悦が相武紗季のセクシーポスターに熱視線!

    2015年2月21日9:35
  • 中村ゆりの理想のプロポーズは「秘境で言われたい」

    2015年5月29日12:02
  • 武田真治の“サービス精神が有り余る”爆笑会見

    2016年1月29日18:20
  • 中村ゆりのかわいすぎるコスプレ姿が話題沸騰中!

    2017年2月9日18:02
  • 佐藤隆太「たまらん表情しやがって!!」把瑠都を絶賛

    2018年2月22日16:46
  • 何も分からずアメリカへ!?菊地凛子が明かす「ウエストワールド」撮影秘話

    2018年7月31日10:59
  • フレッシュ美男美女特集

    “ドラゴン桜”でブレークの志田彩良が登場!フレッシュ美男美女特集

  • ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

    第8回公開!ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

  • 連載「真彩希帆の知りたい!芸の道」

    #3 濱田めぐみにインタビュー!連載「真彩希帆の知りたい!芸の道」

  • 「PENTAGON YUTOのヒミツの話」

    新連載始動!「PENTAGON YUTOのヒミツの話」

  • 連載「Museの素顔」

    第2回は望月理恵が登場!連載「Museの素顔」

  • イケメン東大生・牧田習の「三度の飯より昆虫が好き」

    新連載スタート!イケメン東大生・牧田習の「三度の飯より昆虫が好き」

もっと見る