閉じる

松井秀喜、盟友ポサダと「スポーツ王」リベンジ参戦!

2016/06/06 06:02

「スポーツ王」に帰ってきた松井秀喜(右)ととんねるず・石橋貴明
「スポーツ王」に帰ってきた松井秀喜(右)ととんねるず・石橋貴明 (C)テレビ朝日

6月26日(日)に放送される「とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 2016夏の決戦スペシャル」(テレビ朝日系)で、松井秀喜が昨年夏の「スポーツ王」に続き、2度目の“リアル野球BAN対決”に参戦することが分かった。

今回は米・ニューヨークでヤンキース時代の“盟友”ホルヘ・ポサダと共にチームヤンキースを結成。とんねるず石橋貴明率いるチーム帝京を迎え撃つ。

松井が「リアル野球BAN対決」を初めて体験したのは昨年夏の「スポーツ王」。 “元巨人軍4番打者”によるチームゴジラでチーム帝京に勝負を挑んだ。白熱の大接戦となった試合は、1点をリードされたチームゴジラが最終回、1死一、二塁のチャンスを迎えるも、ラミレスのヒット性の当たりがまさかのダブルプレーとなり試合終了。

敗れたものの、その一戦で「リアル野球BAN」の魅力にとりつかれた松井は、試合終了後すぐに“再戦”を誓ったんだそう。

その思いが早くもかない、“ニューヨーク決戦”が実現。松井は満を持してヤンキース一筋17年、デレク・ジーター、マリアーノ・リベラ、アンディ・ペティットと共に90年代ヤンキースの黄金時代を支えた名捕手ホルヘ・ポサダを招集。

ヤンキースでかつて共にプレーした盟友とピンストライプのユニホームに身を包み、チームヤンキースとして石橋率いるチーム帝京と対戦した。

場所はニューヨークヤンキースの1Aスタテンアイランドヤンキースが本拠地として使用しているリッチモンドカウンティバンクボールパーク。「リアル野球BAN」が日本を飛び出し海外で行われるのは、石橋がバリー・ボンズとサンフランシスコで対決した'03年以来、実に13年ぶり。

試合当日は雷雨が心配されたが、気持ちのいい快晴に包まれた。晴れやかな雰囲気だったが、互いの目標は野球BANで目の前の敵を木っ端みじんに粉砕すること。そして“真のピンストライプ対決”で勝利の雄たけびを上げることだ。

ちなみに松井がヤンキースのピンストライプのユニホームに袖を通すのは、'09年にMVPを獲得したワールドシリーズ以来となる。「前回の野球BANでは格好つけてホームランを狙い過ぎた」と反省を口にしつつ、今回は「とりあえず当てて転がす」バッティングが「野球BAN」での勝利のカギと悟ったよう。

初参戦のポサダは、バッティングマシンの球種の多さ、カーブの曲がりの大きさに少々度胆を抜かれた様子。「マシンを見てちょっと難しいなと思いました」と言うものの、松井によるとポサダの打球が詰まったところを見たことがない、というほどミートがうまい男。

シュアなバッティングはまさに「リアル野球BAN」向きで、「とにかく良いコンタクトをしてボールを良い所に飛ばしたいと思います」と意欲満々だ。「久しぶりのピンストライプを着て気合いが入っている。ポサダもいるし、リベンジを必ず果たしたいと思います」と、松井も力強く勝利を宣言した。

そんな2人を前に大興奮の石橋は、2人のヤンキース時代のエピソードで大盛り上がり。しかし勝負は別で「面白い映像、何本ものホームランが出るのをお楽しみに!」と、相変わらず余裕たっぷりに勝利を誓った。

対決を振り返り、松井は「今回はシーソーゲームで、最後も前回のように盛り上がりましたね。非常にいい場面もあったし、ヤンキース時代のチームメートだったポサダも来てくれて頑張ってくれました。すがすがしい勝負ができて良かったと思います」と笑顔を見せる。

また、松井は次回へ向けて「3度目があるとしたら、また頑張ります。次はいつになるか分からないですけど(笑)。シリーズ化という話もありますが、(日本シリーズみたいに)7戦までもつれ込む展開もあるんですかね(笑)」と、戦々恐々としていた。

一方、石橋は「去年は僕らが松井君たちに勝ったのに“自分たちのホームに来い!とはどういうことだ!”という思いでアウェーのNYに乗り込みました。チーム帝京は、より打線を強化して返り討ちをの思いで戦いに臨みました。使わせてもらった球場は、NYの摩天楼を向こうに臨む素晴らしい環境にある、歴史の重みの感じられる場所での戦いは気持ち良かったです」と、若干のうらみ節を織り交ぜながら、感想を語る。

さらに、ポサダの参戦については「ヤンキースの黄金時代を支えたNo.1キャッチャーが来てくれました。チャンピオンズリングの数(ワールドシリーズ優勝5回)が、そのすごさを物語っていますよね! 背番号20は永久欠番ですからね。現役時代は闘志あふれるプレーと打撃が印象的でした。

実際に会ってみると非常に明るいナイスガイで、やっぱりヤンキースをまとめていた人だな、と思いました。そんな彼も打席を重ねるごとに、現役さながらの表情に変わっていきましたね。ただ、守備のときの配球には苦労したと思いますよ、3つの球種しか使えませんでしたから(笑)」とすごさを認めつつ、プレーの難しさに同情していた。

「とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 2016夏の決戦スペシャル」
6月26日(日)夜8:58~
テレビ朝日系で放送

画像一覧
10

関連人物

  • とんねるず

  • 石橋貴明

  • 松井秀喜

関連ニュース

  • ついに歴史が変わった! テレビ朝日が年間視聴率で開局以来初の“2冠”達成!!

    2013年12月30日14:40
  • ナイナイ矢部浩之が「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」に初参戦で『やっと出られた…』

    2014年7月23日6:00
  • 背番号55が復活!「スポーツ王」にゴジラ松井が襲来

    2015年6月10日6:00
  • 美女ゴルファーチームがとんねるずとゴルフ対決!

    2015年6月20日5:00
  • とんねるずの悲願達成?「スポーツ王」が米国進出!

    2015年6月25日18:56
  • 松山英樹と石川遼が初共演!とんねるずとゴルフ対決

    2015年12月11日5:30
  • とんねるずが錦織圭と真剣テニス対決!

    2015年12月17日8:18
  • 石橋貴明が「侍JAPAN」とリアル野球BANで対戦

    2015年12月17日8:25
  • 宇佐美&槙野らと木梨憲武がキックベースで真剣勝負!

    2015年12月25日5:00
  • 猪木、モハメド・アリ戦は「正直見たくない(笑)」

    2016年6月9日20:37
  • 長友の“アモーレJAPAN”が香川とキックベース対決

    2016年6月20日5:00
  • ゴジラ松井&アモーレ長友によるホームラン共演

    2016年6月26日7:01
  • 福原愛、水谷隼ら卓球メダリストがとんねるずと対決!

    2016年11月23日6:00
  • 坂本勇人、石川遼、イ・ボミらがとんねるずと正月対決

    2016年12月19日10:00
  • 「西武×巨人」球史に残る逆転ゲームの舞台裏

    2017年1月1日10:00
  • “リアル野球BAN対決”にマニー・ラミレス選手が緊急参戦!!

    2017年7月8日10:00