閉じる

14才の母 愛するために 生まれてきた

ドラマ

2006年10月11日-2006年12月20日/日本テレビ

14歳の中学生が妊娠し、命の重さを知る。未希は、名門私立中学校に通う2年生で、明るく活発な放送部員。塾で知り合った公立中3年の智志といたところを不良グループに襲われる。公園で傷を癒しているうちに、2人は一線を越えてしまう。2カ月後、未希は、体に変化を感じ始める。

  • キャスト・キャラクター

  • ニュース

14才の母 愛するために 生まれてきたのあらすじ

第11話 14才の母 愛するために 生まれてきた「涙の最終回スペシャル…命ってなに?」
2006年12月20日 日本テレビ

忠彦(生瀬勝久)と加奈子(田中美佐子)は、娘・未希(志田未来)の子供をどう育てていくべきかあらためて考える。一方、静香(室井滋)から、父親の援助を受けるように言われた息子の智志(三浦春馬)は、赤ん坊の父親になるため、自分なりに進むべき道を模索する。

詳細を見る
第10話 14才の母 愛するために 生まれてきた「もう一度笑って…」
2006年12月13日 日本テレビ

借金で手が回らなくなった静香(室井滋)は、智志(三浦春馬)に苦労をかけたことが引き金になり、放心状態に。学校にも通えない状態の智志も、静香の看病に明け暮れ、疲労が出始める。一方、的場(高畑淳子)は危機的状態にある未希(志田未来)の体を思い、自然分娩(ぶんべん)をやめ、帝王切開の手術に切り替える。

詳細を見る
第9話 14才の母 愛するために 生まれてきた「出産・命をかけた24時間」
2006年12月6日 日本テレビ

未希(志田未来)は的場(高畑淳子)の病院で、自然分娩に向けて出産態勢に入る。おなかに痛みを感じながら、試練だと思い未希は耐える。しかし、未希の容体は急変。意識を失い、大病院に移される。一方、会社倒産の危機を抱える静香(室井滋)は、智志(三浦春馬)を連れ、会社が管理する都内の古い建物に身を隠す。

詳細を見る
第8話 14才の母 愛するために 生まれてきた「二つの命…どちらを選ぶ?」
2006年11月29日 日本テレビ

腹痛で倒れた未希(志田未来)が入院する。加奈子(田中美佐子)は、医師の的場(高畑淳子)から14歳での出産の過酷さを改めて聞き、未希に出産させるべきか悩む。一方、忠彦(生瀬勝久)は、未希の状態を報告するため、静香(室井滋)とともに姿を消した智志(三浦春馬)の行方を捜す。忠彦は妊娠を記事にした記者・波多野(北村一輝)を訪ねる。

詳細を見る
第7話 14才の母 愛するために 生まれてきた「お金で未来は買えますか?」
2006年11月22日 日本テレビ

忠彦(生瀬勝久)の元に、養育費を支払う代わりに子供の認知請求をしないという静香(室井滋)からの誓約書が届く。一方、未希(志田未来)は母親学級に通い、14歳で子供を産む過酷さを改めて実感する。そんな中、叔父のマコト(河本準一)は、クリスマスパーティーで未希と智志(三浦春馬)を会わせてやろうと計画する。

詳細を見る
第6話 14才の母 愛するために 生まれてきた「私にも母子手帳くれますか」
2006年11月15日 日本テレビ

退学を考える未希(志田未来)に担任の遠藤(山口紗弥加)は、未希が学校に通えるように学校側を説得すると宣言。未希は産む決意を強くする。そんな中、一連の騒動を書いた波多野(北村一輝)の記事が世間に出たせいで、加奈子(田中美佐子)は勤務先で未希のことがバレる。一方、忠彦(生瀬勝久)も世間体が気になり始める。

詳細を見る
第5話 14才の母 愛するために 生まれてきた「バイバイ…初恋が死んだ日」
2006年11月8日 日本テレビ

子供を産むのを決意した未希(志田未来)に反対していた加奈子(田中美佐子)は、未希の強い意志に気持ちが揺れ動く。一方、忠彦(生瀬勝久)は断固として産むことを認めない。そんな中、海外に行くのを勧められていた智志(三浦春馬)は、未希のことで静香(室井滋)と口論になり、姿を消す。静香は未希に会いに行く。

詳細を見る
第4話 14才の母 愛するために 生まれてきた「約束…私は、もう泣かない」
2006年11月1日 日本テレビ

周囲に出産を反対されながらも、中絶を拒否する未希。しかし、そんな娘の姿は、母・加奈子(田中美佐子)に、本気で出産に反対する決意をさせる。一方、父・忠彦(生瀬勝久)は娘を妊娠させた智志(三浦春馬)と対面。智志は、未希に堕胎手術をさせると告げる忠彦の涙にショックを受け、ためらいながらも未希と二度と会わないと決意。未希の叔父・マコト(河本準一)に未希への伝言を託し、海外へたとうとする。そんな中、未希の通う聖鈴女学院では親友・恵(北乃きい)が妊娠の事実を暴露し大問題に発展。さらに、この妊娠騒動は、雑誌編集者・波多野(北村一輝)にまで知られてしまう。

詳細を見る
第3話 14才の母 愛するために 生まれてきた「さよなら…わたしの赤ちゃん」
2006年10月25日 日本テレビ

未希(志田未来)は、智志(三浦春馬)に妊娠したと告げる。驚いた智志は、翌日返事をすると約束を。未希の父・忠彦(生瀬勝久)は、中絶手術をするように説得するが、出産したい未希は智志の返事を待とうとその場をごまかす。翌日、妊娠を知った友人・恵(北乃きい)にも中絶も勧められ、未希は反発してしまう。

詳細を見る
第2話 14才の母 愛するために 生まれてきた「お前なんかもう娘じゃない」
2006年10月18日 日本テレビ

未希(志田未来)は、覚悟を決めて産婦人科へ。だが、勇気が出ず、診察を受けないで帰る。そんな中、未希の母・加奈子(田中美佐子)は、未希の部屋で妊娠検査薬を発見する。不審に思った加奈子が未希を問いただすと、未希は妊娠したことを加奈子に告白する。ショックを受けた加奈子は、未希を産婦人科へ連れて行く。

詳細を見る
第1話 14才の母 愛するために 生まれてきた「中学生の妊娠…ごめんね、お母さん」
2006年10月11日 日本テレビ

14歳の中学生が妊娠し、命の重さを知る。未希(志田未来)は、名門私立中学校に通う2年生で、明るく活発な放送部員。塾で知り合った公立中3年の智志(三浦春馬)といたところを不良グループに襲われる。公園で傷を癒やしているうちに、二人は一線を越えてしまう。2カ月後、未希は、体に変化を感じ始める。

詳細を見る

14才の母 愛するために 生まれてきたのキャスト

  • 志田未来

    志田未来
    一ノ瀬未希役

  • No Image

    田中美佐子
    一ノ瀬加奈子役

  • 生瀬勝久

    生瀬勝久
    一ノ瀬忠彦役

  • 山口紗弥加

    山口紗弥加
    遠藤香子役

  • 河本準一

    河本準一
    三井マコト役

  • 三浦春馬

    三浦春馬
    桐野智志役

  • 谷村美月

    谷村美月
    柳沢真由那役

  • 北乃きい

    北乃きい
    久保田恵役

  • 高畑淳子

    高畑淳子
    的場春子役

  • No Image

    海東健
    山崎光陽役

もっと見る

14才の母 愛するために 生まれてきたのスタッフ

井上由美子
(脚本)
佐藤東弥
(演出)
佐久間紀佳
(演出)
山下学美
(演出)
沢田完
(音楽)
高見優
(音楽)

14才の母 愛するために 生まれてきたのニュース

  • 思春期の少女と猫の声に挑戦している志田未来

    志田未来、異色の“一人二役”で新境地開く演技「特に苦労したのは感情を爆発させるシーン」<Interview>

    2020/06/18 07:00
  • 志田未来が思春期の少女と猫の声に挑戦

    <志田未来>思春期の少女と“猫の太郎”「泣き猫」で新境地を開く“演技”を披露

    2020/05/10 08:00

14才の母 愛するために 生まれてきたのニュース画像

  • 思春期の少女と猫の声に挑戦している志田未来
  • 志田未来が思春期の少女と猫の声に挑戦
  • ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」SP特集

    “眼福”カップルが話題!ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」SP特集

  • フレッシュ美男美女特集

    兵頭功海が登場★フレッシュ美男美女特集

  • CM GIRL CLIPS

    春の新CMも!CM GIRL CLIPS

  • ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

    毎月5日更新!ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

  • ザテレビジョン #StayHome連載【女優編】

    お家時間の参考に!ザテレビジョン #StayHome連載【女優編】

  • ザテレビジョン #StayHome連載【俳優編】

    おすすめエンタメ作品をチェック!ザテレビジョン #StayHome連載【俳優編】

もっと見る