閉じる

京都地検の女 第7シリーズ

京都地検の女

ドラマ
  • 放送情報

京都地検の女 第7シリーズのあらすじ

第9話 京都地検の女 第7シリーズ「さよなら鶴丸検事!完全黙秘の女!夜の鴨川殺人の裏の裏…」

最終回 あや(名取裕子)の知人で元刑事の平林(渡辺哲)が殺された。平林は死ぬ直前まで1年前の殺人事件を追っていた。間もなく喫茶店の店員・さと子(中原果南)が被疑者として浮上。あやは黙秘を続けるさと子が”鶴”という言葉に妙な反応を見せたことを不思議に思う。

詳細を見る
第8話 京都地検の女 第7シリーズ「初恋の人がホームレスに!京都東山、10年後の再会の果てに…」

無職の青年・畑山(柄本佑)が、盗んだ包丁を手に交番に飛び込んできた。仕事も住む所もない畑山は、刑務所に入りたいと懇願する。取り調べを担当したあや(名取裕子)は、彼の力になろうとこっそり携帯電話を買い与えるが、高原(蟹江敬三)にたしなめられる。

詳細を見る
第7話 京都地検の女 第7シリーズ「殺人直後に出会った男女!ひとりは、10才の美しき少女…!!」

会社員・高井(金山一彦)が建設会社社長殺害を自供した。あや(名取裕子)は、高井が事件直後、公園にいた少女・葵(吉田里琴)を家まで送ろうとしていたと知り不審がる。また、公園を訪れたあやは、葵がそこで事件を目撃したのではないかと思い、葵に話を聞く。

詳細を見る
第6話 京都地検の女 第7シリーズ「父と子でいたかった…京風おでんに沁みる殺意の罠!!」

知人と口論になった末、誤ってその相手を殺してしまった男・土屋(大和田伸也)が送検されてくる。土屋は殺害を認めるが、自分は悪くないと主張。あや(名取裕子)は土屋が出頭してきた時の所持品にトイレットペーパーがあることを不審に思い、調査する。

詳細を見る
第5話 京都地検の女 第7シリーズ「VS京都地検の男!京都鴨川西、小さな花屋に咲く奇跡」

東京地検から来た検事・瀬戸(鶴見辰吾)が、女性暴行事件の被疑者の取り調べを担当することに。しかし、あや(名取裕子)は事務官の太田(渡辺いっけい)から、瀬戸が暴力を振るって自供を取っていると報告を受ける。そんな中、被疑者の兄も護送されてくる。

詳細を見る
第4話 京都地検の女 第7シリーズ「夫の知らない殺意!!京都大原、熟年離婚が招く三角関係の罠!?」

主婦・和子(未來貴子)が、家に押し入った強盗を消火器で殴打して送検される。和子は正当防衛を主張したが、取り調べでは逃げようとした男の頭を後ろから殴ったと供述したため、正当防衛ではないと発覚。あや(名取裕子)は和子がうそをついていると直感する。

詳細を見る
第2話 京都地検の女 第7シリーズ「殺人逃亡犯は見た!!すれ違う二つの人生」

英会話スクールの元経営者・小堀(竜雷太)が、自分を裏切った女性幹部の殺害容疑で送検されてきた。小堀はあや(名取裕子)の前で罪を認めるが、最後に「人は独りで死んでいく」と意味深な言葉をつぶやく。気になったあやは、小堀から再度話を聞くことに。

詳細を見る
第1話 京都地検の女 第7シリーズ「恋人殺しの罠…それは運命の雪夜から始まった!京都〜琵琶湖〜大阪,四人の男女をつなぐ愛欲の相関図!!」

検事・あや(名取裕子)が主婦の勘で事件を追う。金融会社社長・南条(柴田善行)が殺され、南条の恋人を名乗る女性・志保(高橋由美子)が自首する。志保はDVによる正当防衛を主張するが、あやは供述に不審点を見つけ、南条の顧問弁護士・大倉(平岳大)の事務所へ。大倉は”お得意さま”だった南条の死を無念がるが、大倉と志保をつなぐ接点が見つかる。

詳細を見る

京都地検の女 第7シリーズの放送情報

  • BS朝日
    2021年5月15日(土) 昼5:00
  • BS朝日 4K
    2021年5月15日(土) 昼5:00
  • ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」SP特集

    “眼福”カップルが話題!ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」SP特集

  • ザテレビジョン ドラマアカデミー賞

    5月19日(水)に第107回結果発表!ザテレビジョン ドラマアカデミー賞

  • フレッシュ美男美女特集

    兵頭功海が登場★フレッシュ美男美女特集

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • CM GIRL CLIPS

    春の新CMも!CM GIRL CLIPS

  • ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

    毎月5日更新!ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

もっと見る