閉じる

とと姉ちゃん

『朝ドラ』のシリーズ一覧を見る

ドラマ

総合生活誌「暮しの手帖」の創業者・大橋鎭子、花森安治らの軌跡をモチーフにした朝ドラ第94作。亡き父の代わって一家を支える長女の常子(高畑充希)が、家族で小さな出版社を興し、女性のための実用雑誌を創刊する姿を描く。共演は木村多江、西島秀俊、相楽樹、杉咲花、向井理、片岡鶴太郎、大地真央ら。

  • キャスト・キャラクター

  • ニュース

とと姉ちゃんのあらすじ

第156話 連続テレビ小説 とと姉ちゃん「花山、常子に礼を言う」
2016年10月1日 NHK総合ほか

「あなたの暮し」は長年の功績が認められ、出版界で権威ある賞を受賞する。常子(高畑充希)は受賞を受け、テレビ出演も果たす。鞠子(相楽樹)や美子(杉咲花)も勢ぞろいし、家族で祝った夜、常子は不思議な夢を見る。翌朝、常子は、父・竹蔵(西島秀俊)を亡くしてから掲げた3つの目標の短冊を、机の中にしまう。

詳細を見る
第155話 連続テレビ小説 とと姉ちゃん「花山、常子に礼を言う」
2016年9月30日 NHK総合ほか

「常子さん、ありがとう」。そう言われて別れた後、花山(唐沢寿明)の家から連絡がある。常子(高畑充希)が出ると、三枝子(奥貫薫)から花山が息を引き取ったと連絡がある。三枝子から、花山が「『あなたの暮し』は常子さんに任せておけば安心だ」と言っていたと聞かされ、常子は初めて褒められたとうれしく思う。

詳細を見る
第154話 連続テレビ小説 とと姉ちゃん「花山、常子に礼を言う」
2016年9月29日 NHK総合ほか

戦争特集号の「あなたの暮し」は過去最高の売り上げを記録し、ついに100万部を突破。満足げに読者からの手紙を読む花山(唐沢寿明)に、常子(高畑充希)は体調を整えるよう伝える。そして1974(昭和49)年冬。花山は口述筆記が多くなっていた。ある日、常子が原稿を取りに行くと、1行足りていないことに気付く。

詳細を見る
第153話 連続テレビ小説 とと姉ちゃん「花山、常子に礼を言う」
2016年9月28日 NHK総合ほか

常子(高畑充希)は、体調の悪い中取材を続けようとする花山(唐沢寿明)を叱りつける。常子は、家族も社員も心配しているのだから、真摯(しんし)に受け止めるべきだと諭し、花山に自宅に戻るよう命じる。その後、常子が読者から来た数々の戦争体験の手紙を見せると、花山はそれをまとめて本にすることを提案する。

詳細を見る
第152話 連続テレビ小説 とと姉ちゃん「花山、常子に礼を言う」
2016年9月27日 NHK総合ほか

突然花山(唐沢寿明)が倒れたという連絡が来る。常子(高畑充希)らが慌てて病院に駆けつけると、花山はいろいろな人に戦争中の様子を取材していたという。花山は、戦争を知らない世代に当時の記録を残したいと訴える。退院したらすぐに取材を再開するという花山に、妻・三枝子(奥貫薫)らはやめるよう説得する。

詳細を見る
第151話 連続テレビ小説 とと姉ちゃん「花山、常子に礼を言う」
2016年9月26日 NHK総合ほか

主婦の在り方が多様化している中、「あなたの暮し」では誌面だけでなく、職場の環境も含めて、女性が働きやすい場所に変えていくと、常子(高畑充希)は、社員の前で宣言する。驚きを隠せない社員一同だが、花山(唐沢寿明)は常子の真意を理解し、満足気な様子。そんな花山はある取材のため一人、広島へ向かう。

詳細を見る
第150話 連続テレビ小説 とと姉ちゃん「常子、大きな家を建てる」
2016年9月24日 NHK総合ほか

試験に合格したたまき(吉本実憂)は、あなたの暮し出版の社員となる。新人を怒鳴る花山(唐沢寿明)を見て、体調を心配する常子(高畑充希)だが、花山は今年の新人は特に女性が元気だと気にしない。そんな折、寿美子(趣里)が会社を辞めたいと言ってくる。仕事と家庭の両立が難しく、迷惑をかけたくないという。

詳細を見る
第149話 連続テレビ小説 とと姉ちゃん「常子、大きな家を建てる」
2016年9月23日 NHK総合ほか

常子(高畑充希)に忘れ物を届けてきたとたまき(吉本実憂)が出版社を訪れる。すると、日本製の電化製品が海外製の性能を超える結果が出たと、水田(伊藤淳史)が花山(唐沢寿明)に報告する。日本製品をもっと良くしようと士気高く試験を再開する社員たちを見て、たまきは「あなたの暮し出版」で働きたいと決心する。

詳細を見る
第148話 連続テレビ小説 とと姉ちゃん「常子、大きな家を建てる」
2016年9月22日 NHK総合ほか

君子(木村多江)が亡くなって8年、常子(高畑充希)は、君子から教わった言葉や知恵を次世代に伝える「小さなしあわせ」を企画し、単行本が発売されるほどの人気連載となっていた。戦争を知らない社員も増え、その価値観に驚かされることも。常子らは女性たちが働くことについて世間の目が厳しいことに着目する。

詳細を見る
第147話 連続テレビ小説 とと姉ちゃん「常子、大きな家を建てる」
2016年9月21日 NHK総合ほか

自宅療養を始めて半年、君子(木村多江)は床に伏せることが多くなった。そんな折、花山(唐沢寿明)が見舞いに訪れる。礼を言いたかったと言う君子に、花山は言葉を詰まらせる。そして、全てを投げ打ち雑誌作りに懸けてくれた常子(高畑充希)に申し訳ない気持ちがあると告げると、君子は「常子は幸せだ」と答える。

詳細を見る
第146話 連続テレビ小説 とと姉ちゃん「常子、大きな家を建てる」
2016年9月20日 NHK総合ほか

常子(高畑充希)たちは、君子(木村多江)の病状が思わしくないと医者から告げられる。気丈に振る舞う常子たちを見て、何かを察した君子は自宅療養にしたいと伝える。そんなある日、中学生になったたまき(蒔田彩珠)が熱を出す。忙しくて手が回らない鞠子(相楽樹)に代わり、君子がたまきの看病をすることに。

詳細を見る
第145話 連続テレビ小説 とと姉ちゃん「常子、大きな家を建てる」
2016年9月19日 NHK総合ほか

1964(昭和39)年。常子(高畑充希)は元の家を購入・改装し、大きな一軒家を建てる。鞠子(相楽樹)や美子(杉咲花)を家族ごと呼び戻し、3世帯9人の大所帯で暮らし始める。「あなたの暮し」の売り上げも順調で、全てが順風満帆と思っていた矢先、君子(木村多江)が突然入院。思ったより重い症状だと判明する。

詳細を見る
第144話 連続テレビ小説 とと姉ちゃん「常子、小さな幸せを大事にする」
2016年9月17日 NHK総合ほか

美子(杉咲花)の結婚祝いの最中、音信不通だった鉄郎(向井理)が妻・幸子(岩崎ひろみ)を連れて現れる。祝いの場を手前勝手にかき乱す鉄郎。聞けば、新潟で米を作っているという。かつて小橋家の米を食べ尽くしたお詫びだと米を土産に渡す鉄郎に、君子(木村多江)はこちらこそ助けられたとお礼を言う。

詳細を見る
第143話 連続テレビ小説 とと姉ちゃん「常子、小さな幸せを大事にする」
2016年9月16日 NHK総合ほか

宗吉(ピエール瀧)と照代(平岩紙)は南(上杉柊平)にキッチン森田屋を継いでくれないかと申し出る。快諾した南はそのまま美子(杉咲花)にプロポーズ。突然の告白に驚く美子だが、素直に受け入れる。常子(高畑充希)は美子のお祝いすることに。すると、音信不通だった叔父・鉄郎(向井理)が妻を連れて現れる。

詳細を見る
第142話 連続テレビ小説 とと姉ちゃん「常子、小さな幸せを大事にする」
2016年9月15日 NHK総合ほか

赤羽根(古田新太)は消費者が欲しがるから安い商品を提供しているだけで、買ったあとの責任は消費者にあると主張。一方、常子(高畑充希)と花山(唐沢寿明)は、一番大切なのは不具合のない安全な製品を作ることなのではと反論する。そして、赤羽根に商品試験中に発見した決定的な事実を公開試験中に発表する。

詳細を見る
第141話 連続テレビ小説 とと姉ちゃん「常子、小さな幸せを大事にする」
2016年9月14日 NHK総合ほか

公開試験が始まった。新聞記者の国実(石丸幹二)の進行で、常子(高畑充希)らのあなたの暮し出版と赤羽根(古田新太)の電機メーカーを含めた5社が、洗濯機を対象に各自の試験内容を公表していく。常子たちの試験は、各メーカーの専門的な方法には及ばない素人感覚のものが多く、会場に冷笑が広がる。

詳細を見る
第140話 連続テレビ小説 とと姉ちゃん「常子、小さな幸せを大事にする」
2016年9月13日 NHK総合ほか

公開試験まで2カ月を切り、洗濯機の商品試験が佳境を迎えていた。そんな折、常子(高畑充希)は美子(杉咲花)から、電化製品が家庭に入り始めたことでどれくらい主婦の時間が短縮されているのかを調べて記事にしたいと提案される。一方、赤羽根(古田新太)らは消費者の支持を受け、公開試験の勝利を確信する。

詳細を見る
第139話 連続テレビ小説 とと姉ちゃん「常子、小さな幸せを大事にする」
2016年9月12日 NHK総合ほか

「あなたの暮し」が行う商品試験に対して、家電量販店の半数近くが実験の方法に疑問があると報じられる。国実(石丸幹二)が仕掛けた騒ぎは大きくなり、さまざまなメーカーが出版社に苦情を申し立てに来る。挑発には乗らないという花山(唐沢寿明)に対し、いつまでも疑いの目を持たれていいのかと国実が詰め寄る。

詳細を見る
第138話 連続テレビ小説 とと姉ちゃん「常子、仕事と家庭の両立に悩む」
2016年9月10日 NHK総合ほか

常子(高畑充希)は、国実(石丸幹二)から「あなたの雑誌には影響力がある」と言われ、改めて責任を感じる。出版社に戻ると、松永(石田法嗣)が情報を週刊誌に漏らしたのは自分だと告白する。常子は、信頼を取り戻すつもりがあるなら、これまで通り働いてほしいと説得するも、松永は責任を取って辞めてしまう。

詳細を見る
第137話 連続テレビ小説 とと姉ちゃん「常子、仕事と家庭の両立に悩む」
2016年9月9日 NHK総合ほか

「あなたの暮し」の商品試験に関する偽装疑惑の記事が載った週刊誌が発売され、編集部は騒然に。相手にするなという花山(唐沢寿明)の言葉に社員は落ち着きを取り戻す。だが常子(高畑充希)らが洗濯機の試験を始める中、国実(石丸幹二)の企てにより、全国紙にも商品試験の公平性が問われる記事が載ってしまう。

詳細を見る
もっと見る

とと姉ちゃんの出演者・キャスト

  • 高畑充希

    高畑充希
    小橋常子役

  • 西島秀俊

    西島秀俊
    小橋竹蔵役

  • 木村多江

    木村多江
    小橋君子役

  • No Image

    相楽樹
    小橋鞠子役

  • No Image

    杉咲花
    小橋美子役

  • 向井理

    向井理
    小橋鉄郎役

  • 大地真央

    大地真央
    青柳滝子役

  • 片岡鶴太郎

    片岡鶴太郎
    隈井栄太郎役

  • No Image

    大野拓朗
    青柳清役

  • No Image

    秋野暢子
    森田まつ役

もっと見る

とと姉ちゃんのスタッフ・作品情報

西田征史
(脚本)
大原拓
(演出)

とと姉ちゃんのニュース

  • 連続テレビ小説「おちょやん」でヒロイン・千代を演じる杉咲花

    <おちょやん>杉咲花、「とと姉ちゃん」で共演の高畑充希からは「エールをいただきました」

    2021/01/05 08:00
  • 「カムカムエヴリバディ」のヒロインは、上白石萌音、深津絵里、川栄李奈に決定!

    2021年度後期“朝ドラ”のヒロインは上白石萌音、深津絵里、川栄李奈に決定!

    2020/12/24 12:01
  • ドラマ「極主夫道」より向日葵役の白鳥玉季(C)YTV

    10歳の美少女子役・白鳥玉季、ドラマ&映画界を席巻!“凛とした強さ”表現し「エール」「麒麟がくる」「テセウスの船」「極主夫道」話題作に続々出演

    2020/12/13 11:37
もっと見る

とと姉ちゃんのニュース画像

  • 連続テレビ小説「おちょやん」でヒロイン・千代を演じる杉咲花
  • 「カムカムエヴリバディ」のヒロインは、上白石萌音、深津絵里、川栄李奈に決定!
  • ドラマ「極主夫道」より向日葵役の白鳥玉季(C)YTV
  • 百音(清原果耶)を気象予報の世界に導く気象キャスター・朝岡覚役の西島秀俊
  • ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

    第7回公開!ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

  • SKE48 最新ニュース&連載まとめ

    SKE48 最新ニュース&連載まとめ

  • 特集:クリエイターズ・ファイル

    #76 “宙吊り王子”霧島天介が登場!特集:クリエイターズ・ファイル

  • 第109回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    投票受付スタート!第109回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • 連載「真彩希帆の知りたい!芸の道」

    #3 濱田めぐみにインタビュー!連載「真彩希帆の知りたい!芸の道」

  • フレッシュ美男美女特集

    貴島明日香が登場!フレッシュ美男美女特集

もっと見る