閉じる

梅ちゃん先生

朝ドラ

ドラマ

2012年4月2日-2012年9月29日/NHK総合

落ちこぼれの劣等生から、皆から愛される町医者へと成長していく女性の物語。昭和20年。医師である父親をもつ末っ子の下村梅子は、優秀な姉兄と違い何をしても失敗ばかりの劣等生。そんなある日、梅子は、父親が戦災孤児の命を懸命に救おうとする姿を目の当たりにし、「命をあきらめない」父の姿に心を動かされ…。

  • キャスト・キャラクター

梅ちゃん先生のあらすじ

第156話 連続テレビ小説 梅ちゃん先生「上を向いて歩こう」
2012年9月29日 NHK総合

製薬会社に勤める広志(池松壮亮)が梅子(堀北真希)に、新しくできる病院で働かないかと持ち掛ける。その気がない梅子が突き返すと、広志は「後悔することになる」と言い放つ。数日後、帝都大学病院である事件が発生。その事件のことですっかり憔悴し切った広志は、再び梅子に会いにやって来る。

詳細を見る
第155話 連続テレビ小説 梅ちゃん先生「上を向いて歩こう」
2012年9月28日 NHK総合

製薬会社に勤める広志(池松壮亮)が梅子(堀北真希)に、新しくできる病院で働かないかと持ち掛ける。その気がない梅子が突き返すと、広志は「後悔することになる」と言い放つ。数日後、帝都大学病院である事件が発生。その事件のことですっかり憔悴し切った広志は、再び梅子に会いにやって来る。

詳細を見る
第154話 連続テレビ小説 梅ちゃん先生「上を向いて歩こう」
2012年9月27日 NHK総合

製薬会社に勤める広志(池松壮亮)が梅子(堀北真希)に、新しくできる病院で働かないかと持ち掛ける。その気がない梅子が突き返すと、広志は「後悔することになる」と言い放つ。数日後、帝都大学病院である事件が発生。その事件のことですっかり憔悴し切った広志は、再び梅子に会いにやって来る。

詳細を見る
第153話 連続テレビ小説 梅ちゃん先生「上を向いて歩こう」
2012年9月26日 NHK総合

製薬会社に勤める広志(池松壮亮)が梅子(堀北真希)に、新しくできる病院で働かないかと持ち掛ける。その気がない梅子が突き返すと、広志は「後悔することになる」と言い放つ。数日後、帝都大学病院である事件が発生。その事件のことですっかり憔悴し切った広志は、再び梅子に会いにやって来る。

詳細を見る
第152話 連続テレビ小説 梅ちゃん先生「上を向いて歩こう」
2012年9月25日 NHK総合

製薬会社に勤める広志(池松壮亮)が梅子(堀北真希)に、新しくできる病院で働かないかと持ち掛ける。その気がない梅子が突き返すと、広志は「後悔することになる」と言い放つ。数日後、帝都大学病院である事件が発生。その事件のことですっかり憔悴し切った広志は、再び梅子に会いにやって来る。

詳細を見る
第151話 連続テレビ小説 梅ちゃん先生「上を向いて歩こう」
2012年9月24日 NHK総合

製薬会社に勤める広志(池松壮亮)が梅子(堀北真希)に、新しくできる病院で働かないかと持ち掛ける。その気がない梅子が突き返すと、広志は「後悔することになる」と言い放つ。数日後、帝都大学病院である事件が発生。その事件のことですっかり憔悴し切った広志は、再び梅子に会いにやって来る。

詳細を見る
第150話 連続テレビ小説 梅ちゃん先生「再会」
2012年9月22日 NHK総合

梅子(堀北真希)はある青年(池松壮亮)と再会する。その青年は、梅子が医師を志すきっかけとなった戦災孤児の広志だった。成長した広志は、医療関係の仕事に就くために勉強し、現在は製薬会社で働いているという。梅子は一人前になった広志に目を細め、思いがけない再会を喜ぶ。梅子が帝都大学病院に在籍していたことを知った広志は、梅子に「大学病院の医師を紹介してほしい」と懇願。快諾した梅子は弥生(徳永えり)の協力も得て、山倉(満島真之介)や松岡(高橋光臣)を紹介。だが後日、松岡と広志が接触していたことが病院内で問題になってしまう。

詳細を見る
第149話 連続テレビ小説 梅ちゃん先生「再会」
2012年9月21日 NHK総合

梅子(堀北真希)はある青年(池松壮亮)と再会する。その青年は、梅子が医師を志すきっかけとなった戦災孤児の広志だった。成長した広志は、医療関係の仕事に就くために勉強し、現在は製薬会社で働いているという。梅子は一人前になった広志に目を細め、思いがけない再会を喜ぶ。梅子が帝都大学病院に在籍していたことを知った広志は、梅子に「大学病院の医師を紹介してほしい」と懇願。快諾した梅子は弥生(徳永えり)の協力も得て、山倉(満島真之介)や松岡(高橋光臣)を紹介。だが後日、松岡と広志が接触していたことが病院内で問題になってしまう。

詳細を見る
第148話 連続テレビ小説 梅ちゃん先生「再会」
2012年9月20日 NHK総合

梅子(堀北真希)はある青年(池松壮亮)と再会する。その青年は、梅子が医師を志すきっかけとなった戦災孤児の広志だった。成長した広志は、医療関係の仕事に就くために勉強し、現在は製薬会社で働いているという。梅子は一人前になった広志に目を細め、思いがけない再会を喜ぶ。梅子が帝都大学病院に在籍していたことを知った広志は、梅子に「大学病院の医師を紹介してほしい」と懇願。快諾した梅子は弥生(徳永えり)の協力も得て、山倉(満島真之介)や松岡(高橋光臣)を紹介。だが後日、松岡と広志が接触していたことが病院内で問題になってしまう。

詳細を見る
第147話 連続テレビ小説 梅ちゃん先生「再会」
2012年9月19日 NHK総合

梅子(堀北真希)はある青年(池松壮亮)と再会する。その青年は、梅子が医師を志すきっかけとなった戦災孤児の広志だった。成長した広志は、医療関係の仕事に就くために勉強し、現在は製薬会社で働いているという。梅子は一人前になった広志に目を細め、思いがけない再会を喜ぶ。梅子が帝都大学病院に在籍していたことを知った広志は、梅子に「大学病院の医師を紹介してほしい」と懇願。快諾した梅子は弥生(徳永えり)の協力も得て、山倉(満島真之介)や松岡(高橋光臣)を紹介。だが後日、松岡と広志が接触していたことが病院内で問題になってしまう。

詳細を見る
第146話 連続テレビ小説 梅ちゃん先生「再会」
2012年9月18日 NHK総合

梅子(堀北真希)はある青年(池松壮亮)と再会する。その青年は、梅子が医師を志すきっかけとなった戦災孤児の広志だった。成長した広志は、医療関係の仕事に就くために勉強し、現在は製薬会社で働いているという。梅子は一人前になった広志に目を細め、思いがけない再会を喜ぶ。梅子が帝都大学病院に在籍していたことを知った広志は、梅子に「大学病院の医師を紹介してほしい」と懇願。快諾した梅子は弥生(徳永えり)の協力も得て、山倉(満島真之介)や松岡(高橋光臣)を紹介。だが後日、松岡と広志が接触していたことが病院内で問題になってしまう。

詳細を見る
第145話 連続テレビ小説 梅ちゃん先生「再会」
2012年9月17日 NHK総合

梅子(堀北真希)はある青年(池松壮亮)と再会する。その青年は、梅子が医師を志すきっかけとなった戦災孤児の広志だった。成長した広志は、医療関係の仕事に就くために勉強し、現在は製薬会社で働いているという。梅子は一人前になった広志に目を細め、思いがけない再会を喜ぶ。梅子が帝都大学病院に在籍していたことを知った広志は、梅子に「大学病院の医師を紹介してほしい」と懇願。快諾した梅子は弥生(徳永えり)の協力も得て、山倉(満島真之介)や松岡(高橋光臣)を紹介。だが後日、松岡と広志が接触していたことが病院内で問題になってしまう。

詳細を見る
第144話 連続テレビ小説 梅ちゃん先生「明日へのバトン」
2012年9月15日 NHK総合

康子(岩崎ひろみ)の娘・千恵子(宮武美桜)が将来の進路に悩み、梅子(堀北真希)に相談しにやって来る。「人の役に立ちたい」という千恵子の希望を聞いた梅子はうれしく思い、看護師になってはどうかと提案。病院を見学しに行こうと誘い、千恵子を連れて帝都大学病院を訪ねる。そこで梅子は、ある人物と偶然再会。懐かしい顔を目の前にし、さまざまな思いがこみ上げる。ところが、それもつかの間、建造(高橋克実)が退官して医師を辞めるという話を耳にし、ショックを受ける。そんな折、建造から話があると切り出された梅子は、緊張の面持ちで対面する。

詳細を見る
第143話 連続テレビ小説 梅ちゃん先生「明日へのバトン」
2012年9月14日 NHK総合

康子(岩崎ひろみ)の娘・千恵子(宮武美桜)が将来の進路に悩み、梅子(堀北真希)に相談しにやって来る。「人の役に立ちたい」という千恵子の希望を聞いた梅子はうれしく思い、看護師になってはどうかと提案。病院を見学しに行こうと誘い、千恵子を連れて帝都大学病院を訪ねる。そこで梅子は、ある人物と偶然再会。懐かしい顔を目の前にし、さまざまな思いがこみ上げる。ところが、それもつかの間、建造(高橋克実)が退官して医師を辞めるという話を耳にし、ショックを受ける。そんな折、建造から話があると切り出された梅子は、緊張の面持ちで対面する。

詳細を見る
第142話 連続テレビ小説 梅ちゃん先生「明日へのバトン」
2012年9月13日 NHK総合

康子(岩崎ひろみ)の娘・千恵子(宮武美桜)が将来の進路に悩み、梅子(堀北真希)に相談しにやって来る。「人の役に立ちたい」という千恵子の希望を聞いた梅子はうれしく思い、看護師になってはどうかと提案。病院を見学しに行こうと誘い、千恵子を連れて帝都大学病院を訪ねる。そこで梅子は、ある人物と偶然再会。懐かしい顔を目の前にし、さまざまな思いがこみ上げる。ところが、それもつかの間、建造(高橋克実)が退官して医師を辞めるという話を耳にし、ショックを受ける。そんな折、建造から話があると切り出された梅子は、緊張の面持ちで対面する。

詳細を見る
第141話 連続テレビ小説 梅ちゃん先生「明日へのバトン」
2012年9月12日 NHK総合

康子(岩崎ひろみ)の娘・千恵子(宮武美桜)が将来の進路に悩み、梅子(堀北真希)に相談しにやって来る。「人の役に立ちたい」という千恵子の希望を聞いた梅子はうれしく思い、看護師になってはどうかと提案。病院を見学しに行こうと誘い、千恵子を連れて帝都大学病院を訪ねる。そこで梅子は、ある人物と偶然再会。懐かしい顔を目の前にし、さまざまな思いがこみ上げる。ところが、それもつかの間、建造(高橋克実)が退官して医師を辞めるという話を耳にし、ショックを受ける。そんな折、建造から話があると切り出された梅子は、緊張の面持ちで対面する。

詳細を見る
第140話 連続テレビ小説 梅ちゃん先生「明日へのバトン」
2012年9月11日 NHK総合

康子(岩崎ひろみ)の娘・千恵子(宮武美桜)が将来の進路に悩み、梅子(堀北真希)に相談しにやって来る。「人の役に立ちたい」という千恵子の希望を聞いた梅子はうれしく思い、看護師になってはどうかと提案。病院を見学しに行こうと誘い、千恵子を連れて帝都大学病院を訪ねる。そこで梅子は、ある人物と偶然再会。懐かしい顔を目の前にし、さまざまな思いがこみ上げる。ところが、それもつかの間、建造(高橋克実)が退官して医師を辞めるという話を耳にし、ショックを受ける。そんな折、建造から話があると切り出された梅子は、緊張の面持ちで対面する。

詳細を見る
第139話 連続テレビ小説 梅ちゃん先生「明日へのバトン」
2012年9月10日 NHK総合

康子(岩崎ひろみ)の娘・千恵子(宮武美桜)が将来の進路に悩み、梅子(堀北真希)に相談しにやって来る。「人の役に立ちたい」という千恵子の希望を聞いた梅子はうれしく思い、看護師になってはどうかと提案。病院を見学しに行こうと誘い、千恵子を連れて帝都大学病院を訪ねる。そこで梅子は、ある人物と偶然再会。懐かしい顔を目の前にし、さまざまな思いがこみ上げる。ところが、それもつかの間、建造(高橋克実)が退官して医師を辞めるという話を耳にし、ショックを受ける。そんな折、建造から話があると切り出された梅子は、緊張の面持ちで対面する。

詳細を見る
第138話 連続テレビ小説 梅ちゃん先生「みんなの宝物」
2012年9月8日 NHK総合

臨月を迎えた梅子(堀北真希)は、医師の仕事を続けながらも、日ごとに大きくなるおなかを楽しみにしていた。そんな中、竹夫(小出恵介)と静子(木村文乃)が下村家を訪れ、信郎(松坂桃李)が女性と一緒にいるところを見たと報告。竹夫から「浮気か」と責められた信郎は、真っ向から否定。するとその直後、梅子がおなかを押さえて倒れてしまう。急きょ予定日前に出産することになった梅子に、下村家、安岡家は大慌て。そんな周囲の混乱をよそに梅子は無事出産し、母となる。新しい命が誕生した喜びもつかの間、今度は子供の命名をめぐって幸吉(片岡鶴太郎)と建造(高橋克実)が言い争いに。

詳細を見る
第137話 連続テレビ小説 梅ちゃん先生「みんなの宝物」
2012年9月7日 NHK総合

臨月を迎えた梅子(堀北真希)は、医師の仕事を続けながらも、日ごとに大きくなるおなかを楽しみにしていた。そんな中、竹夫(小出恵介)と静子(木村文乃)が下村家を訪れ、信郎(松坂桃李)が女性と一緒にいるところを見たと報告。竹夫から「浮気か」と責められた信郎は、真っ向から否定。するとその直後、梅子がおなかを押さえて倒れてしまう。急きょ予定日前に出産することになった梅子に、下村家、安岡家は大慌て。そんな周囲の混乱をよそに梅子は無事出産し、母となる。新しい命が誕生した喜びもつかの間、今度は子供の命名をめぐって幸吉(片岡鶴太郎)と建造(高橋克実)が言い争いに。

詳細を見る
もっと見る

梅ちゃん先生の出演者・キャスト

  • No Image

    堀北真希
    下村梅子役

  • No Image

    高橋克実
    下村建造役

  • 南果歩

    南果歩
    下村芳子役

  • No Image

    ミムラ
    下村松子役

  • No Image

    倍賞美津子
    下村正枝役

  • 鶴見辰吾

    鶴見辰吾
    立花陽造役

  • 松坂桃李

    松坂桃李
    安岡信郎役

  • No Image

    小出恵介
    下村竹夫役

  • No Image

    成宮寛貴
    吉岡智司役

梅ちゃん先生のスタッフ

尾崎将也
(脚本)
木村隆文
(演出)
川井憲次
(音楽)
三鬼一希
(プロデューサー)
  • 岡崎紗絵のSaestagram

    「ナイト・ドクター」出演で話題!岡崎紗絵のSaestagram

  • 大注目の俳優・中村倫也の魅力をCloseUp

    大注目の俳優・中村倫也の魅力をCloseUp

  • 草彅剛のお気楽大好き!WEB

    VOL269更新!草彅剛のお気楽大好き!WEB

  • 特集:クリエイターズ・ファイル

    特集:クリエイターズ・ファイル

  • フレッシュ美男美女特集

    結木滉星が登場!フレッシュ美男美女特集

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

もっと見る