閉じる

鼠,江戸を疾る

ドラマ

鼠,江戸を疾るのあらすじ

第9話 宿命の兄妹 後編

最終回 藩が転覆しかねない秘密が隠された書状の在りかを聞いていた鉢助(浪岡一喜)に間違われた仁吉(村杉蝉之介)が、浜崎藩・松林家の手の者に殺される。一方、小袖(忽那汐里)は松林家は両親を殺した武家の名前だと思い出す。次郎吉(滝沢秀明)は藩主・松林壱岐守(谷本一)との深い因縁を小袖に語る。

詳細を見る
第8話 宿命の兄妹 前編

小袖(忽那汐里)はやぶそばで常連の3人組(我が家)に出くわす。3人は1年前に少女を殺した罪で島流しになった鉢助(浪岡一喜)の無実が明らかになり、近々江戸に戻ってくると告げる。そんな折、やぶそばで次郎吉(滝沢秀明)とけがを負った鉢助が鉢合わせする。

詳細を見る
第7話 容疑者・鼠の逆襲

ある夜、次郎吉(滝沢秀明)は刺客に待ち伏せされていた侍・矢崎(岡田義徳)に危機を伝え、彼を助ける。その夜、矢崎の使用人・重吉(佐藤誓)が斬り殺される。捜査に乗り出した徳五郎(高嶋政宏)は殺害現場で鼠小僧を目撃し、鼠小僧が人を殺したと思い動揺する。

詳細を見る
第6話 あだ討ちの代償

次郎吉(滝沢秀明)と小袖(忽那汐里)の元に、清吉(渡辺大)という男が訪ねてくる。清吉は自分が勤める大店の娘・紫の方(村川絵梨)が将軍の子を懐妊し、命を狙われているため、小袖に護衛してほしいと頼み込む。次郎吉は、そんな清吉が相当な剣の使い手だと見抜く。

詳細を見る
第5話 怪盗<猫>あらわる

ある夜、次郎吉(滝沢秀明)は、屋根の上で”怪盗猫”と遭遇する。翌日、町で酔っぱらいの浪人から小さな女の子を助けた女・お里(大政絢)と出会い、ほくろの位置からお里が”怪盗猫”だと確信する。数日後、次郎吉は”怪盗猫”と対峙し、盗みを働く目的を問いただす。

詳細を見る
もっと見る
  • 【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

  • 【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

  • ドラマ「彼のいる生活」SP特集

    佐藤瑠雅&坂井翔W主演!ドラマ「彼のいる生活」SP特集

  • 第119回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    結果発表!第119回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • 注目番組&最新ニュースまとめ

    女性チャンネル♪LaLa TV注目番組&最新ニュースまとめ

  • イチオシ映画&最新ニュースまとめ

    ムービープラスイチオシ映画&最新ニュースまとめ

もっと見る