悪名幟

今東光の小説が原作の”悪名”シリーズ第10弾。朝吉はまじめに生きようと決め、清次と小料理屋で別れの宴を開く。文なしになった朝吉は店の女に賭場を紹介される。