裸のランチ

ウィリアム・S・バロウズの同名小説を映画化。害虫駆除の仕事をしているリーは殺虫剤の減りが早いことに気づく。どうやら彼の妻が麻薬として使用していたらしい。