歌行燈

謡曲指南の町一番の師匠が、東京からきた観世流家元の息子に侮辱され、古井戸に身を投げて自殺する。が、師匠の娘は父を死に追いやった男を愛してしまう。泉鏡花の同名小説の映画化。