鬼の棲む館

人間の性と業の相克を様式美の中に描く異色文芸大作。南北朝時代、辛うじて戦火を免れた廃寺で、男女4人がすさまじい愛憎を繰り広げる。原作は谷崎潤一郎。