アカギ

原作は、「カイジ」などで知られる福本伸行の漫画「アカギ〜闇に降り立った天才〜」(竹書房)。日本の闇の王・鷲巣巌との「鷲巣麻雀」を実写化する。厳禁と血液を賭けた特別ルールの下、生死を懸けた極限の心理描写と駆け引きの応酬が繰り広げられる。主人公・赤木しげる役には本郷奏多。津川雅彦が鷲巣巌を演じる。

出演者

スタッフ

あらすじ

  • アカギ

    2015/9/18

    “鷲巣麻雀”6回戦・南1局1本場。アカギ(本郷奏多)は鷲巣(津川雅彦)へ親満を直撃し、鷲巣の資金6億円全てを奪い取るだけでなく、血を抜かせるまで追い詰める。金が足らない分を「ワシの血を抜け!」と叫ぶ鷲巣。そんな鷲巣にアカギは「俺の親を止められなきゃ、お前は死ぬ!」と言い放つ。

    登場人物
    スタッフ
  • アカギ

    2015/9/11

    “鷲巣麻雀”6回戦東3局。アカギ(本郷奏多)は鷲巣(津川雅彦)に親のダブル役満をあがられ、10万点近い差をつけられる。残り6局では逆転が難しい状況に、白服たちは大喜びし、仰木(田中要次)と安岡(神保悟志)は落ち込む。ところがアカギは「勝負はまだ、俺は勝つつもりだ」と言ってのける。

    登場人物
    スタッフ
  • アカギ

    2015/9/4

    “鷲巣麻雀”5回戦が終わり、総額5億7250万円を得たアカギ(本郷奏多)たちに対して鷲巣(津川雅彦)は2750万円を残すのみ。勝利は目前と考える仰木(田中要次)と安岡(神保悟志)は、興奮を抑えられない。しかしアカギだけが「6回戦は危うい」と苦戦を予想する。そして最後の半荘・最終6回戦が始まる。

    登場人物
    スタッフ

あらすじを全部見る