コピーフェイス〜消された私〜

コピーフェイス〜消された私〜

陰謀渦巻く美容外科クリニックを舞台に繰り広げられる愛憎劇。原作はアメリカ人作家のサンドラ・ブラウンのラブサスペンスで、栗山千明が主演を務める。週刊誌記者・和花(西原亜希)は、美容クリニック理事長夫人・芙有子(栗山)を追う中、飛行機事故に遭遇。芙有子に間違われた和花は、芙有子の姿に全身整形されてしまう。

出演者

スタッフ

あらすじ

  • コピーフェイス〜消された私〜「真実の行方」

    2016/12/23

    和花(栗山千明)の元を、柊二(佐藤隆太)の母・佐枝子(田島令子)が訪ねて来る。そこで、佐枝子は柊二と洋人(玉置玲央)の出生には秘密が隠されていると告げる。さらに、佐枝子は和花に記事を出して終わりにしてほしいと訴えてくる。迷った和花が柊二に相談すると、真相を知りショックを受けるが、記事を出すことに賛成する。

    登場人物
    スタッフ
  • コピーフェイス〜消された私〜「暴かれた正体」

    登場人物
    スタッフ
  • コピーフェイス〜消された私〜「許されぬ裏切り」

    2016/12/9

    和花(栗山千明)は、芙有子(栗山・2役)のパソコンから、朝倉医院で医療過誤による死者が出ていることを突き止める。柊二(佐藤隆太)が事件に関与していないと確信すると、さらに調査を進める。しかし、その中で、柊二が大切に思っている洋人(玉置玲央)が芙有子と不倫をしていたことを知り衝撃を受ける。

    登場人物
    スタッフ

あらすじを全部見る