残穢 住んではいけない部屋

小野不由美の山本周五郎賞受賞作を映画化したホラー。部屋から奇妙な音がするという読者からの手紙を基に、調査を始めた女性作家。彼女は調査を進めるうち、そのマンションの過去の住人が、引越し先で自殺や心中、殺人など数々の事件を引き起こしていたことを知る。