日本で一番悪い奴ら

“日本警察史上最大の不祥事”と呼ばれる事件の当事者である、北海道警察に実在する刑事の手記を原作とした人間ドラマ。大学柔道部での腕を買われ26歳で刑事となった諸星要一は、強い正義感を持ちながらもパッとしない日々を送っていた。ある日、署内随一の敏腕刑事・村井定夫から「刑事は点数。点数稼ぐには裏社会に飛び込み、S(スパイ)を作れ」と刑事のイロハを叩き込まれ、諸星は公私ともにスパイとの関わりを深めていく。