ワイルドガン

母の死を機に、銃を捨て故郷に戻った元ガンマンが、再び銃を手にして宿命の戦いに挑むガンアクション。南北戦争後、西部の町でガンマンとして名をはせていたジョン・ヘンリー・クレイトンは、母の死を機に銃を捨て、故郷の地でまっとうな人生を送るつもりでいた。しかし、町にはギャングが横行していた。