ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第108回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞 受賞インタビュー

(C)日本テレビ

有村架純

セリフのバランスが難しかったです

特に審査員、TV記者から多くの票が集まり、初の最優秀助演女優賞に選出されました。今作で受賞へのお気持ちをお聞かせください。

キャスト、スタッフ全員の熱量に、自分も刺激を受け、いい風がたくさん吹いていた現場に身を置けたことが幸運だったと感じています。

投票では、「とてつもなくナチュラル」「流れるような自然な会話」「この年代の女の子の『曖昧さ』が表現されていた」と、自然な演技に感動する声が多くあがりました。里穂子を演じるうえで、特に意識したところや、難しかったところを教えてください。

脚本の金子茂樹さんが作り出す世界を、自分がどう表現できるか常に考えていました。里穂子のセリフは肝になることも多々ありましたので、押し付けがましくなく、流れることなくのバランスが難しかったです。第3話の長ゼリフはテストなしの一発撮りだったので、緊張で手も顔も震えていました。まさか酔っぱらいの芝居をするなんて思いも寄らず、金子さんには新しい扉を開いてもらいました。


「芸人を応援するオタク感がとてもよかった」「ディープなお笑いファンぶりが新鮮」と、マクベスのファンぶりも好評でした。役作りではどのようなことを意識されましたか。

里穂子がそもそもなぜ、マクベスを好きになったか、そのバックボーンはプロデューサーさんとよく話し合い、土台を作りました。真面目に生きている人が損をする、真面目に生きているだけなのに何かがかみ合わない、そういった社会の生きづらさを抱えていることはとても重要でした。オタクを演じようとは全く思っておらず、彼女の真っすぐさからあのような里穂子になりました。


改めて、これまで多くの作品に携わられている有村様にとって、「コントが始まる」はどのような作品となりましたでしょうか?

人生の岐路に立ったときに必ず思い出す作品になると実感しています。また一つ宝物が増えました。

第108回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

VOTE投票シート
  • 以下6部門全てを選択し、投票してください。
  • 投票完了後、抽選で100名様に500円のQUOカードが当たるプレゼントにご応募いただけます。
 投票する
 投票する
投票完了

0/6部門選択済み

 投票する
 投票する
投票完了

6/6部門選択済み

 投票する
 投票する
投票完了

ご投票ありがとうございました。

 プレゼントに応募する
 プレゼントに応募する
応募完了

投票完了後にご応募いただけます。

 プレゼントに応募する
 プレゼントに応募する
応募完了

プレゼント応募&応援コメントはこちらから

 プレゼントに応募する
 プレゼントに応募する
応募完了

ご応募ありがとうございました。

【PR】オススメ情報