ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第82回ザテレビジョンドラマアカデミー賞ザテレビジョン賞 受賞インタビュー

「おやじの背中」の企画

「昨今の連続ドラマは原作ものが主流ですが、昔は脚本家のオリジナルが大部分を占めていて。だからこそ、オリジナル脚本のドラマというものをやりたいなと思いました。『キャストを集めるのは大変だったでしょ?』とよく言われたんですが、台本が良かったので〝この本なら出たい〟と言っていただくことが多く、結果、豪華な顔触れになりました。でも、1時間ドラマを描いたことがない方が多かったので、脚本家の方はご苦労されたと思います。1時間の中で起承転結をつけ、視聴者に伝わるものを書くということはかなりのクオリティーが求められると思うので。1回だけだと定着しないと思いますので、今後もこういう企画はやってみたいと思っています。次は女性が主人公のホームドラマがやりたいなと思っています(八木康夫P)

おやじの背中

10人の脚本家と10組の俳優が10の物語を紡ぐ、作家性にこだわった一話完結のオリジナルストーリー。10人の脚本家には、井上由美子と岡田惠和、木皿泉、倉本聰、坂元裕二や三谷幸喜と山田太一らが参加。また、それぞれの脚本家が描く物語には、大泉洋、田村正和と松たか子、堀北真希と遠藤憲一が父と息子または娘を演じる。

第82回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報