ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞監督賞 受賞インタビュー

木村ひさし、本橋圭太、山本大輔

〝金曜ナイト枠〟っぽい作品を作りたかった

「〝金曜ナイト枠〟っぽい作品を作りたいという話もあって、僕が携わっていた『トリック』のように効果音やイントネーションなど、細かい描写にはこだわりました。政治ネタは扱うのが難しいんですけど、コメディーにしたことで言いたいことが言えたかな。

マジメなシーンもちょっとおふざけを入れてみたり、バランスも大事にしてました。脚本家の西荻さんの手腕も素晴らしかったですし。第5話で、軍議の間で予算の話をしてるとき、翔(遠藤憲一)が「兆?」って聞き直すシーンは、貝原と翔が延々とやり続けていたり(笑)、そういったキャスト発信のところは思わず僕も笑ってしまいました(笑)。こういうところで見てくださる方の声が聞こえるのは本当に励みになります。キャスト・スタッフが一丸となって作り上げたものなので、監督賞のみならず、作品賞をいただけたことがすごくうれしいです」

民王

ある日、心と体が入れ替わった内閣総理大臣の父・武藤泰山(遠藤憲一)とその息子・翔(菅田将暉)が、試行錯誤しながら日本を動かしていくファンタスティックコメディー。翔は国会での審議内容の質問の意味が全く理解できないが、大人の世界に染まっていない翔だからこその真っすぐな意見や純粋な思いは、いつしか国会、国民を動かすことになっていく。一方、泰山は豊富な知識と話術で面接官を論破し、面接に失敗する。

第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報