ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第91回ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞

  • 1

    三谷幸喜

    大河ドラマ「真田丸」NHK総合ほか

    三谷幸喜が戦国大河で史劇作家の才能を発揮

    三谷幸喜が戦国大河で史劇作家の才能を発揮

    「真田丸」の三谷幸喜が、「史実に外れない範囲で意外性のある骨太のストーリーを練り上げた才能はすごい」「人物を多面的に描いた」と歴史劇作家としての手腕が絶賛され、脚本賞を受賞。2位の〝逃げ恥〟の野木亜紀子も「『重版出来!』に続き、原作のエッセンスをうまくまとめ、よりすてきにする天才」と鉄板の評価。3位は「黒い十人の女」のバカリズム。「女性の描き方がリアル過ぎる」と女性からも賛辞を集めた。

    受賞者インタビュー

    テレビの面白さはやはり連ドラ 評価されたのはうれしいことです

    第91回 ドラマアカデミー賞 脚本賞 受賞インタビュー
    Q 脚本賞、おめでとうございます。
    「ザテレビジョン ドラマアカデミー賞」って、まだ続いていたんですね(笑)。第91回ですか、すごいですね。「新選組!」が12年前で、それ以前には「警部補・古畑任三郎」(‘94年フジ系)などで脚本賞をいただいていますね。ということは、そんなに長い間、僕は連続ドラマを書いていなかったのか…という驚きがあります。僕は、舞台も映画もやりますが、脚本家として一番好きな仕事は連続ドラマなんです。だから、こうやって12年ぶりに賞をいただき、視聴者の皆さんに忘れられていないということを再認識して、〝また連ドラやりたいな〟という思いが湧いてきます。そういう気持ちにさせていただいたのも、うれしかったです。

第91回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報