ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第97回ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞 受賞インタビュー

撮影=石塚雅人

徳尾浩司

「こういう世界だったらいいな」と今より半歩ぐらい先の世界を描きました

受賞の感想をお聞かせください
ありがとうございます。実際に自分が受賞してみると、本当に一緒にドラマを作ってくれたみなさんのおかげだと実感しました。今回はチームワークが抜群で、キャストもスタッフもみんなドラマ作りに厳しい人ですけど、とても風通しが良く、いろんな議論をかわせました。
完成したドラマを見ると毎回、想像を超えて面白くて刺激的で、「この作品は自分が書いたものとはまた違う次元へ羽ばたいていくのかも」という熱量を感じていました。
男同士の恋愛ではあるけれど、逆に男同士だからこそ王道をやっても新鮮に受け入れてくださったのかもしれませんね。多様な恋愛でも温かく偏見のないこのドラマの世界は、リアルに考えれば、現代よりも未来なのかもしれない。コメディーとして成立させるためにも「こういう世界だったらいいな」と今より半歩ぐらい先の世界を描きました。

最終話で春田が牧にプロポーズするかどうかは悩んだところで、結婚したら完結してしまって続編は作れないのではとも思いました。今の時点ではまだ、もし続編を書くとしたらという新しい物語のビジョンはないですが、挑戦したいと思っています。

取材・文=小田慶子

第97回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

視聴熱10月17日デイリーランキング
ドラマ
バラエティー

【PR】オススメ情報