ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第97回ザテレビジョンドラマアカデミー賞監督賞 受賞インタビュー

(C)テレビ朝日

瑠東東一郎・山本大輔・Yuki Saito

登場人物の感情だけはうそにしたくなかった(瑠東東一郎監督)

受賞の感想をお聞かせください
「これほど盛り上がるとは予想していなかったので、賞をいただけて感謝しかありません。この作品は一見コメディーですが、絶対的なベースとして『人間愛』というものがあって、現場でもどういう伝え方をすべきか薄氷を踏むような作業がずっとありました。登場人物の感情だけはうそにしたくなくて、キャストに生身の反応を求めたり、すごく濃度の濃いものを作っている感覚がありましたが、その濃さが見ている人に伝わって喜んでもらえたことに一番達成感があります」(瑠東東一郎監督)
「貴島Pから『トレンディドラマだと思ってほしい』と言われたので、ベタな恋愛ドラマを意識しました。第2話で牧が春田のおでこにキスする場面は、キラキラ感を出すためにライティングにこだわって…。BL(ボーイズラブ)とは思わず、ただ人と人のまじめなラブストーリーを撮っているつもりでした。BLが好きな方にも嫌いな方にもダブルで拒絶される可能性もあったと思いますが、プロデューサー、脚本家、監督、俳優部までみんなで1つの答えを出して、それが多くの人に受け入れてもらえた。本当に奇跡的な作品だと思います。」(山本大輔監督)

「第2話までは単発版と同じ展開。僕が担当した第3話から連ドラ版ならではの展開になるので、途中参加の僕としてはプレッシャーも。でも、貴島Pから『作品を新しくしてほしいからお願いした』と言ってもらえたので、貢献したいと思い、燃えました。第6話は脚本を読んだ段階でもう『テレビ史に残る回になる』と(笑)。牧が春田に別れを告げる場面は、監督のくせに泣いてしまいました。そしてその放送時、Twitter世界トレンド1位になったので、感激しましたね。SNSを中心に視聴者の熱い反応に育ててもらった作品だと思います」(Yuki Saito監督)

取材・文=小田慶子

第97回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報