ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第98回ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞 受賞インタビュー

森下佳子

原作の魅力を最大限生かしたいと思った

受賞の感想をお聞かせください
決して派手ではないホームドラマで、このような賞をいただけたのは、とてもうれしいです。主人公の亜希子(綾瀬はるか)が夫の良一(竹野内豊)亡き後、良一と前妻との子・みゆき(横溝菜帆/上白石萌歌)を育てていくというストーリー。私には実の娘がいますが、亜希子のように血のつながらない子供を育てられる人はすごい!と憧れに似た気持ちを抱きます。そんな親子関係から“愛情”というものの本質が見えてきますよね。
基本はコミカルなのに、途中でお父さんが病気で亡くなってしまう。あの静かな感じは原作の通りで、原作の魅力を最大限に生かしたいと思っていました。最終回では、原作にあった「そう言うのを世間じゃ愛って言うんだよ」というみゆきの素晴らしいセリフを出すために、オリジナルの展開で亜希子とみゆきの別れを描きました。主演の綾瀬さんは、これまでのキャリアの中で培ってきたものを、全て見せてくれたと思います。最後の最後まで、座長としても現場を盛り上げてくれましたし、その姿に、まるで綾瀬さんと亜希子がシンクロしているような頼もしさを感じました。

取材・文=小田慶子

第98回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報