ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第99回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞 受賞インタビュー

賀来賢人

全員が「俺が一番面白い!」と競い合う現場でした

受賞の感想をお聞かせください
こういう賞をいただくのは初めてなのでうれしいです。ありがとうございます。みんなで一生懸命頑張って、みんなでいただいた賞だと思います。最初から福田雄一監督や高(明希)Pと「これは家族向けのドラマだ」と言っていました。ヤンキーものですが、コメディーで熱くてカッコ良くてカワイイ、ファミリードラマ。実際に家族で見ていただけたようで、公園で子供に囲まれて、僕自身もそれを肌で感じました(笑)。
三橋はヒーローみたいなところもあれば、子供みたいなところもある。言動が一貫していないように見えて、一本芯が通っているところが受け入れてもらえたのかなと思います。演じる上で意識していたのは、緩急。コメディー部分、カッコいい部分、卑怯な部分、この3つの振り幅を意識していました。そのためにすごく体力を消耗して、体が一切動かなくなることもありました(笑)。でも、みんな福田さんを笑わせたいし、「俺が一番面白いんだ」「かっこいいんだ!」というのを提示するように全力で来るから、なれ合いなく鮮度のある緊張感でやれていたと思います。伊藤役の伊藤健太郎とは初共演でしたが、安定感があるというか、度胸があってどっしりしているので不安は全くありませんでした。と同時にイヌのように懐いてきたので、かわいくて、おごり過ぎました(笑)。
今作は「こんなに面白い脚本でダメだったら、もう役者辞めよう」と思うぐらい気合を入れて挑んだので、今は全部を出し切った感があります。だから作品が自分の手から離れて、ちょっと寂しいですが、今後も俳優をやっていいんだという自信をもらえましたし、またみんなと仕事がしたいというポジティブな思いも生まれています。(登場人物)一人一人のスピンオフも全然作れると思いますし、今井(太賀)のスピンオフは僕も見たい! 続編は日テレさん次第ですが(笑)、福田さんの脚本・演出でまたドラマをやれるとしたら…ラブストーリーをやってみたいですね。

第99回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

視聴熱8月23日デイリーランキング
ドラマ
バラエティー

【PR】オススメ情報