<エール最終回>吉原光夫“岩城さん”の歌声に大反響!!贅沢すぎた15分に視聴者感激「一瞬だった」

2020/11/27 11:32 配信

ドラマ

岩城さん(吉原光夫)の声量がすごい!!
岩城さん(吉原光夫)の声量がすごい!!「エール」第120回場面写真 (C)NHK


昭和を代表する作曲家・古関裕而氏とその妻で歌手・金子氏をモデルに“歌の力”を描いてきた連続テレビ小説「エール」(NHK総合ほか)の最終回が11月27日に放送された。最終回は“特別編”。カーテンコールとして、出演陣がNHKホールから古関メロディーを届けた。中でも馬具職人・岩城役の吉原光夫の歌う「イヨマンテの夜」は圧巻。視聴者からも驚きと感嘆の声が上がり、本放送のオンエア中からTwitterでは「岩城さん」「いわきさん」がともにトレンドトップ5を占めるほどの反響を呼んだ。

井上希美&小南満佑子は双子コーデで登場


主演の古山裕一役・窪田正孝の挨拶でスタートした“特別編”。一曲目は“ミュージックティ”の愛称で親しまれた御手洗清太郎役・古川雄大と「船頭可愛いや」を最初に歌唱した藤丸役・井上希美、音(二階堂ふみ)の音楽学校での同級生 夏目千鶴子役・小南満佑子。そして幼少期を演じた子役たちによる「鐘の鳴る丘」。

井上と小南がそのまま舞台に残り、2曲目の「モスラの歌」を歌唱。劇中ではほとんど共演シーンのなかった2人だが、ともにミュージカルで活躍するだけにハーモニーの息はぴったり。ピンク調の衣装の井上とブルー調の小南の“双子コーデ”も愛らしい。

【写真を見る】藤丸(井上希美)と千鶴子(小南満佑子)は双子コーデで「モスラの歌」を披露!
【写真を見る】藤丸(井上希美)と千鶴子(小南満佑子)は双子コーデで「モスラの歌」を披露!「エール」第120回場面写真 (C)NHK


続いて古川が再登場し、「福島行進曲」を歌唱。劇中では、村野鉄男(中村蒼)の詞に裕一が曲をつけ、裕一にとって初めてのレコードになった思い出深い曲だ。その後、福島三羽烏(がらす)の佐藤久志役・山崎育三郎が登場し、中村のギターに合わせて「船頭可愛いや」を艶やかに歌った。

関連番組

関連人物