山田孝之「破獄」でビートたけしと初共演!

2017/02/20 06:00 配信

ドラマ

看守・浦田進(ビートたけし)と脱獄犯・佐久間清太郎(山田孝之)の関係を通して「人と人の絆」を描く

看守・浦田進(ビートたけし)と脱獄犯・佐久間清太郎(山田孝之)の関係を通して「人と人の絆」を描く

'17年にビートたけし主演で放送される「テレビ東京 ドラマ特別企画『破獄』」(テレビ東京系)に、山田孝之が出演することが分かった。

「破獄」は、読売文学賞を受賞した吉村昭の同名小説(新潮文庫刊)が原作で、脚本・池端俊策、監督・深川栄洋によって30年ぶりにドラマ化。山田は、たけし演じる“監獄の守り神”として絶対的自信を持つ看守・浦田進と対決する、脱獄犯・佐久間清太郎役に挑戦する。

犯罪史上未曽有の脱獄を繰り返した佐久間について、山田は「佐久間はとても素直な人だと思います。その素直さからくる行動や言動が人からは理解されず、恐怖にすら感じてしまう。そう思ったので僕も素直な気持ちで佐久間として生きました」と印象を語った。

また、たけしとの共演について「ビートたけしさんとは今までご縁がなくお会いするのは今回が初めてでした。北野武さんとしてもお会いできる日を楽しみにしています」と、北野作品への出演にも意欲を示した。

そして「佐久間という素直な人間を見たとき、見てくださった方々が自分に問いかける質問とはなんでしょうか。そして、その質問の答えを探したとき、あなたは今まで通り歩むことを選択するのでしょうか」と、独特の言い回しで視聴者へアピールした。

【田淵俊彦プロデューサーコメント】

年間3万人近い自殺者がいるこの現代日本で“生き抜くことの大切さ”を訴えたいという私の思いに賛同してくれた山田さんは、髪の毛を丸刈りにし、すさまじいまでの肉体改造をして撮影に臨んでくれた。

その演技は期待通り、狂気や痛いほどの激しさに満ちている。視聴者の皆さんも画面を通じてその“誰にも真似のできない力強さ”そしてその裏側にある“いとおしいまでの弱さ”を確かめてほしい。きっと驚くはずだ。

【あらすじ】

昭和17年。東京・小菅刑務所の看守部長・浦田進(たけし)の耳に、秋田で無期懲役囚が脱獄したとの情報が入る。脱獄した無期懲役囚は、かつて小菅刑務所にいて、情に厚い浦田だけには従順だったが、青森刑務所でも脱獄した経歴を持つ危険人物、佐久間清太郎(山田)だった。

ところが3カ月後、佐久間は浦田の家に突然訪ねて来る。浦田に、人間扱いしない秋田の看守を訴えてほしいという。しかし隙をついて浦田は通報。捕らわれた佐久間は網走刑務所へ収監される。さらに、浦田も網走の看守長として転任することになる。こうして、浦田と佐久間の長い闘いが始まる…。

「テレビ東京 ドラマ特別企画 『破獄』」
'17年、テレビ東京系で放送
出演=ビートたけし、山田孝之

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース