桐山漣、共演したゆうたろうの行動に驚き「僕らの時代にはなかったな」<Interview>

2021/02/08 12:00 配信

ドラマ

「青きヴァンパイアの悩み」でW主演を務める桐山漣(左)とゆうたろう(右)
「青きヴァンパイアの悩み」でW主演を務める桐山漣(左)とゆうたろう(右)撮影=永田正雄/スタイリスト=吉田ナオキ(桐山)/衣装協力=Sian、BLUE IN GREEN(桐山)

桐山漣ゆうたろうのW主演ドラマ「青きヴァンパイアの悩み」(毎週月曜夜10:00-10:30、TOKYO MX)が2月8日(月)よりスタート。脚本は映画「his」(2020年)など、多彩な作品を手掛けるアサダアツシが務める。

コロナ禍の東京を舞台に描かれる本作は、夜の活動から昼への生活を強いられたた若い吸血鬼の黒澤蒼(桐山)と紫藤葵(ゆうたろう)の二人が、人間の生き血を求めて奮闘するユーモア交えたハートフルな物語。自分の力で一度も血を吸ったことがない中、さまざまな人間と出会い、ニューノーマルな生活を生き抜いていく。

今回はW主演を務める桐山とゆうたろうにインタビューを実施。初共演の二人に、お互いの印象や撮影エピソードを語ってもらった。

桐山「新しいバンパイアの作品が誕生したなと感じました」


――アサダさんのオリジナル作品となりますが、作品の魅力をどのように感じられましたか。

桐山:これまでにない新しいバンパイアの作品が誕生したなと感じました。読めば読むほどバンパイアそのものが怖がられる存在ではなく、逆に弱い存在としてどうやって人間と向き合っていくかが描かれていて面白いんです。コメディーでありながら響かせるところはしっかりとあって、見ていてハッと気付かされることが多く、いろいろな要素が詰まっている作品だと思いました。

ゆうたろう:現代のコロナ禍の東京を描く難しさもありつつ、バンパイアをファンタジーに寄せ過ぎない絶妙なバランスで構成されていて、演じるのが難しいと思った作品でした。ダークなイメージのあるバンパイアが人間と関わりあって歩み寄っていく姿を、自分の解釈だけじゃなく監督や脚本を書いてくれたアサダさん、出演者の皆さんと話し合う中で作ることができたので、映像として見るのをすごく楽しみに感じています。

――演じる上で役柄とはどのように向き合いましたか?

ゆうたろう:葵はバンパイアである自分を特に気にしていない部分があって、どうやって生き抜くかというところに重きを置いているんです。だから、意外と生きることに熱量を持っていて、さりげないせりふがすごく僕自身にグサッと刺さる言葉だったりするんですよね。そういう役のコントラストみたいなものは、演じる上で大事にした部分でした。

桐山:蒼は割と役柄に一貫性がなくいろんな側面を持っているなと思いました。キャラというよりリアルというか、会う人に合わせて仕事の顔やプライベートの顔を使い分けているところがあって、僕らもそういうところはあるじゃないですか。だから、いろいろな側面を引き出せるように厚みを意識しながら演じました。

「青きヴァンパイアの悩み」
2月8日(月)スタート
毎週月曜夜10:00-10:30
TOKYO MXにて放送


◆2021年1月冬ドラマ一覧!◆

1月スタート冬ドラマまとめ

関連番組

関連人物