閉じる

コロナ前からコロナ後を描く「新・ミナミの帝王」最新作の放送が決定 円広志の本人役での出演も

2021/03/06 10:00

シリーズ第20作となる「新・ミナミの帝王」新作の放送が決定
シリーズ第20作となる「新・ミナミの帝王」新作の放送が決定(C)カンテレ

千原ジュニア主演ドラマ「新・ミナミの帝王」のシリーズ最新作が、3月23日(火)夜7時からカンテレで放送されることが決定した。2010年の放送スタートから11年目、シリーズ第20作となる今作は初のゴールデン帯で放送され、さらにカンテレ朝の情報番組「よ~いドン!」(毎週月~金曜朝9:50-11:15)の顔・円広志が本人役で出演する。

新・ミナミの帝王」は、原作・天王寺大、萬画・郷力也の漫画「ミナミの帝王」(『週刊漫画ゴラク』連載中)を実写化した作品で、どんな手を使ってでも借金を取り立てることから“ミナミの鬼”と恐れられている大阪・ミナミの金貸し・萬田銀次郎(千原)が主人公のヒューマンドラマ。

第20作の「銀次郎の愛した味を守れ!」は銀次郎が通う小さなビストロを舞台に、コロナ前、コロナ禍、そしてコロナ後のミナミが描かれる。

そんな今作について、千原は「まさか萬田銀次郎がマスクするとは思わなかったですね」とコメント。内容に関しては「台本を読んだ時、非常に面白くよくできていて、今回特にやりたいなと思った」「リアルな題材で、コロナ前、コロナ禍、コロナ後と、これまでにない月日をまたぐストーリーで、今しかできないと思った」と話した。

そんな月日をまたぐストーリーを演じる上で気を付けた点を聞かれると、千原は「意外と僕は何もしてなくて、周りが逃げて行ったり近付いてきたり。萬田銀次郎ってゴジラみたいなもので、何も変わらない感じです」と語った。

見どころについては、「このコロナ禍という現状でしか撮れない、コロナ禍でしか作られない台本で、コロナ禍でしか見られない内容。そして、円さんが円広志役で出てきます」と言い、「まさか萬田銀次郎が『よ~いドン!』のスタジオに取り立てに行くことになるとは。カンテレのセキュリティーどうなってんねや」とツッコんだ。

「新・ミナミの帝王」
3月23日(火)夜7:00-9:59
カンテレで放送


▼2021年4月期の春ドラマ一覧はこちら▼

【春ドラマまとめ】2021年4月期の新ドラマ一覧

画像一覧
3

関連番組

新・ミナミの帝王

出演者:千原ジュニア 大東駿介 赤井英和 

よ〜いドン!

2021/05/17(月) 09:50~11:15 /カンテレ

関連人物

  • 千原ジュニア

  • 円広志

  • 駿河太郎

  • 小島藤子

  • 大東駿介

  • 羽野晶紀

  • 田中尚樹

関連ニュース

  • 千原ジュニアが芸人たちを褒めまくり!? 神宮寺勇太も「遊園地に来たのかってくらい楽しめました」

    2021年3月1日17:00
  • 千原ジュニア、兄・せいじが内田裕也からの好意を断ったエピソードを明かす

    2021年2月24日12:51
  • 関西の朝の顔「よ~いドン!」放送3000回を突破 円広志「見ている時間だけでもゆっくり楽しんで」

    2020年4月22日17:13