閉じる

霜降り明星・せいや「今田さんに“おまえ”と言うのが難しかった」今田耕司とW主演<てれびのおばけ>

2021/04/14 22:30

取材会より石井杏奈、今田耕司、せいや、藤田玲(写真左から)
取材会より石井杏奈、今田耕司、せいや、藤田玲(写真左から)

今田耕司霜降り明星せいやがW主演、鈴木おさむが脚本を手掛ける舞台「てれびのおばけ」が、4月14日より東京・下北沢の「本多劇場」にて開幕。同日ゲネプロが行われ、その後の取材会に、今田、せいや藤田玲石井杏奈が登壇した。

現代と1980年代、二つの時代においてテレビを作る人たちを描く本作。今田とせいやは、「面白いって何なのか?」「伝えるってなにか?」「テレビの正義ってなにか?」を追い求め、“てれびのおばけ”になるしかなかった主人公を演じる。

「これ、あの人かな?というのがあった」(今田)


今田は本作について、「昔と今を比べるというよりは、“面白い”ということって、幅広いんだなと改めて教えてくれるような作品」と見どころを語る。そして、「80年代の設定なんですけど、(脚本の)おさむくんも同じ時代に同じものを見ていたので、『これ、あの人かな?』というのはありました。空想の人というよりは、実際に関わってきた人なので、世界に入りやすかったです」と感想を述べた。

初舞台となるせいやは、「バラエティー番組の話ということで、興味がある内容で、話が入ってきやすかったです。ほぼリアルな話やと思うので、怖いなとも思いましたし、考えさせられました」と内容についてコメント。

さらに、役どころに関して、「違和感があったのは、(演じる役が)今田さんの役より年上になる点。今田さんに『おまえ』と言うのが難しかった」と語り、「稽古で『おまえ、おまえ』と言っていると、テレビ番組で司会をしている今田さんを見て、『あ、そうやった!』と思うことがありました(笑)。オン・オフが分からなくなるというか、不思議でした」と、役に入り込んでいることを明かした。

W主演を務める今田耕司、せいや
W主演を務める今田耕司、せいや※提供写真

「あれがゲネプロでよかった(笑)」(せいや)


ゲネプロでの演技について、今田は「段取りが入りきっていなくて、謎の行動があった。このあとの舞台がドキドキです」と反省。せいやも「今田さんとのアドリブが何回かあるんですよ。クスッと笑えるような。そこで、世界観が違うことを言ってしまったので、あれがゲネプロでよかった(笑)。アドリブが楽し過ぎて、いき過ぎたので調整します」と話した。

せいやと同じく初舞台だという石井は、本公演ではリラックスして演技することを目標に挙げ、「みんなジャガイモだと思って(演技します)」と宣言。それに対し、今田は「久しぶりに聞いた(笑)。80年代をちゃんと再現してるね!」とちゃかし、せいやも「相場はカボチャですよ!」とツッコミを入れ、笑いを誘った。

一方、藤田は「ストイックな作りになっていて、“エンタメ感”というよりは、4人の生きる様を見せている舞台。この感じだったら、本番、素晴らしいものを皆さんに伝えられると思います」と手応えを感じた様子。そして、「セットを動かすことがすごく多いんですけど、大事なシーンで足が引っ掛かった。間合いを調整していきたい」と本番に向け意気込んだ。

舞台「てれびのおばけ」概要
会場:東京・下北沢「本多劇場」(東京都世田谷区北沢2-10-15)

公演:4月14日(水)~4月18日(日)
4月14日(水)①18:30開場 19:00開演
4月15日(木)②18:30開場 19:00開演
4月16日(金)③18:30開場 19:00開演
4月17日(土)④13:30開場 14:00開演/⑤17:30開場 18:00開演 ※両公演配信
4月18日(日)⑥12:30開場 13:00開演/⑦16:30開場 17:00開演 ※両公演配信

チケット料金:客席観覧チケット 7000円(税込・全席指定)、配信チケット 3500円(税込)
※配信チケットは「オンラインチケットよしもと」で発売中

画像一覧
11

関連人物

  • 今田耕司

  • 霜降り明星

  • せいや

  • 藤田玲

  • 石井杏奈

  • 鈴木おさむ

関連ニュース

  • 霜降り明星せいや、完成したポスターで衝撃 “大先輩”今田耕司とまさかのW主演<インタビュー>

    2021年3月20日8:00
  • チョコプラ×霜降り×ハナコ、新コント番組がいよいよスタート!「ハナコには感謝してほしい」<新しいカギ>

    2021年4月14日7:00
  • 今田耕司、過去に自伝本出版のオファーを受けるも断った理由を明かす

    2021年4月14日11:38