閉じる

【テレビの開拓者たち / 小山薫堂】人々の“共感”をどう作っていくかがテレビの課題

2017/04/16 20:00

80年代半ば、大学在学中に「11PM」(’65~’90年日本テレビ系)で放送作家としてデビューし、90年代以降は、フジテレビの深夜番組の“マーケティング三部作”といわれた「マーケティング天国」(’88~’90年)「カノッサの屈辱」(’90~’91年)「TVブックメーカー」(’91~’92年)、そして絢爛豪華な料理対決番組「料理の鉄人」(’93~’99年フジ系)などなど、これまでにない革新的なスタイルの番組の企画・構成を数多く手掛けてきた小山薫堂。近年は、映画「おくりびと」の脚本で数々の映画賞を受賞し、さらに熊本県のPRマスコットキャラクター「くまモン」のほか、イベントや商品の企画・プロデュースなど、実に幅広い活動を展開するクリエーターだ。そんな小山氏に、現在放送中の「小山薫堂 東京会議」をはじめとするテレビ番組作りに懸ける思いや、放送作家としてのポリシーについて、改めて語ってもらった。

「カノッサの屈辱」の企画意図は“女の子を口説くため”(笑)


こやま・くんどう=1964年6月23日生まれ、熊本県出身
こやま・くんどう=1964年6月23日生まれ、熊本県出身


──小山さんが初めて放送作家として携わった番組は?

「最初は『11PM』だったんですけど、そのときはまだ全然ペーペーで。作家としてちゃんと参加できたなと思ったのは、『メリー・クリスマス・ショー』(’86年日本テレビ系)という音楽番組です。当時、僕はまだ大学4年生だったんですけど、僕をかわいがってくれていた先輩の作家が声を掛けてくれて」

――桑田佳祐さんの呼び掛けの下、松任谷由実さん、忌野清志郎さんといった、そうそうたる顔触れのアーティストが集まった伝説の番組ですね。

「そうですね、あの番組を経験したことで、テレビってこんなに多くの人を感動させることができるんだ、ということを実感できました。放送作家って素敵な仕事だな、面白いなと」

──その後、フジテレビの深夜番組を数多く手掛けられるようになるわけですが、特に「カノッサの屈辱」は、日本のサブカルチャーの歴史を“世界史”風に語る、というアカデミックなスタイルがユニークでした。

「あれはそもそも、ホイチョイ(・プロダクションズ)の馬場康夫さんが、会議中に“スキー”の歴史を語り始めたところから生まれた企画なんですよ。『スキーというのは、板もウェアもどんどんモデルチェンジしてて、10年前のスキー板なんて“ダサい”って言われちゃうんだよ』という馬場さんの話から、じゃあその歴史を振り返る番組を作ろう、ということになって。

フジテレビでは当時、小牧次郎さん、金光修さん、石原隆さんといった方々が、深夜枠の“編集長”を務められていて、本当にセンスがある方ばかりだったんです。例えば、石原さんは番組のタイトルを考えるのが得意な方で、『昔、世界史の授業で“カノッサの屈辱”って習ったけど、どういう事件だったか誰も知らないよね。でも、キャッチーでインパクトのある言葉だから、それをタイトルにしよう』と言い出して(笑)。普通だったら『ナントカの世界史』みたいな分かりやすいタイトルを付けそうなものじゃないですか。当時はまだ、深夜の時間帯で番組をヒットさせようという考えがあまりなかったから、こういう意味不明のタイトルを付けられたのかもしれませんね(笑)。内容的にも、あの時代だからこそできた番組だったと思います。今は著作権の扱いも厳しいし、パロディーをやるのもなかなか難しいですから」

――90年代初めのテレビ業界の“自由さ”が窺われます(笑)。

「『カノッサ』って、本来の番組の企画意図を突き詰めていくと、要するに“女の子を口説くため”なんですよ(笑)。女の子とご飯を食べたりするときにおしゃべりのネタになる、という。僕はもともと個人的に、“情報”や“流通”に非常に興味があるので、それをネタに番組で遊べたのはすごく楽しかったですね」

「小山薫堂 東京会議」
毎週土曜夜0.00-0.30 BSフジ

「小山薫堂 東京会議 特別篇」
4月29日(土)昼5.00-5.55 BSフジ

◆「ひょうきん族」「電波少年」など伝説の番組の“裏話”が満載!◆


画像一覧
3

関連人物

  • 小山薫堂

関連ニュース

  • 番組宣伝は控えめに!? 放送作家・小山薫堂の初冠番組が決定!

    2009年12月9日21:22
  • 「小山薫堂 東京会議」から会議を良くするための“会議※ぱん”が誕生!

    2010年8月18日7:30
  • BEAMS創業40周年の本気、設楽代表&小山薫堂氏の「日本ブランディング」計画

    2016年5月20日20:03
  • 【テレビの開拓者たち / 萩本欽一】欽ちゃん、テレビを語る!

    2017年3月29日6:00
  • 【テレビの開拓者たち / 三宅恵介】ひょうきんディレクターのテレビ論

    2017年4月2日6:00
  • 【テレビの開拓者たち / 土屋敏男】T部長が今のテレビマンに贈る言葉

    2017年4月5日17:00
  • 【テレビの開拓者たち / 飯塚健】気鋭の監督が明かす“ドラマと映画の違い”

    2017年4月8日20:00
  • 【テレビの開拓者たち / 山名宏和】ジャンルを超えて活躍する放送作家が語る“テレビの可能性”

    2017年4月12日6:00
  • 【テレビの開拓者たち / 王東順】フジの元名物プロデューサーが明かす高視聴率番組誕生秘話

    2017年4月26日6:00
  • 【テレビの開拓者たち / 青木泰憲】WOWOW敏腕Pが語る“ドラマWができるまで”

    2017年4月29日17:00
  • 【テレビの開拓者たち / 水野雅之】「プレバト」「初耳学」演出家が明かすヒット番組の作り方

    2017年4月30日17:00
  • 【テレビの開拓者たち / 玉井貴代志】ベテラン放送作家が教える「テレビマンに必要な資質」

    2017年5月4日6:00
  • 【テレビの開拓者たち / 藪木健太郎】自称“テレビ屋”の夢は「お金を払ってでも見たい」と思える番組を作ること

    2017年6月7日6:00
  • 【テレビの開拓者たち / 藤井健太郎】「水曜日のダウンタウン」演出家が語る“攻めてる番組”のつくり方

    2017年6月15日22:00
  • 【テレビの開拓者たち / 白倉伸一郎】石ノ森章太郎への思いも原動力に

    2017年6月10日14:00
  • 【テレビの開拓者たち / 松井修平】最後の「オンバト」プロデューサーとしての“義務”とは?

    2017年6月10日23:25
  • 【テレビの開拓者たち / 井上由美子】「昼顔」「キントリ」脚本家が明かす2つのこだわり

    2017年6月11日20:00
  • 【テレビの開拓者たち / 佐久間宣行】「ゴッドタン」佐久間Pが仕事をエンジョイできる理由

    2017年6月21日6:00
  • 【テレビの開拓者たち / 西田二郎】未来のテレビに必要なのは“間違える勇気”

    2017年6月21日6:00
  • 【テレビの開拓者たち / 濱谷晃一】気鋭のドラマプロデューサーは「テレ東っぽさ」が武器?

    2017年6月19日6:06
  • 【テレビの開拓者たち / 小松純也】「ごっつ」「笑う犬」演出家の信条は“アマチュアリズム”

    2017年6月26日6:00
  • 【テレビの開拓者たち / 福田雄一】当たるものより、当たる“かも”しれないもの? 気鋭のヒットメーカーの作品づくりの極意

    2017年7月2日6:00
  • 【テレビの開拓者たち / 伊藤隆行】モヤさま伊藤Pいわく「未来のテレビに必要なのは“素直”と“勇気”」

    2017年7月9日6:00
  • 【テレビの開拓者たち / 樋口卓治】売れっ子放送作家が「テレビもまだ捨てたもんじゃない」と思った番組とは?

    2017年7月9日16:30
  • 【テレビの開拓者たち / 浜口哲夫】「家族対抗歌合戦」プロデューサーが目論む“テレビへの恩返し”

    2017年7月16日20:00
  • 【テレビの開拓者たち / 高橋弘樹】“一般人バラエティー”の旗手が語る番組作りの醍醐味

    2017年7月23日16:00
  • 【テレビの開拓者たち / 岡澤正樹】「面白い番組を作りさえすれば、状況は変わると思う」

    2017年8月7日14:00
  • 【テレビの開拓者たち / 矢延隆生】「お台場みんなの夢大陸」団長が明かす 明石家さんまとの不思議な因縁

    2017年8月13日6:00
  • 【テレビの開拓者たち / 大古滋久】「ねほりんぱほりん」「昆虫すごいぜ!」プロデューサーが語る番組作りの極意

    2017年8月28日12:00
  • 【テレビの開拓者たち / マッコイ斉藤】「必ず視聴率20%が取れる日が来ると信じてます」

    2017年9月3日22:30
  • 【テレビの開拓者たち / 福山晋司】「関ジャニ∞クロニクル」演出家が語る“震災以降のテレビバラエティー”

    2017年10月1日18:00
  • 【テレビの開拓者たち / 鮫肌文殊】「放送作家はみんなドM(笑)。禁止事項が多いほど逆に燃えるんです」

    2018年1月16日16:00
  • 篠原ともえ「奇跡が起こるんじゃないかな?」『カレーライスのうた』に自信

    2018年3月4日21:58
  • 「“テレビ屋”の下世話な感覚」を持つクリエイターを育成中【放送作家集団「SACKA(サッカ)」代表・山谷和隆氏】

    2018年7月1日16:00
  • 米・ピクサー出身監督も参加!! 「くまモン」アニメ化で世界に進出!

    2018年10月22日5:45