閉じる

<ドラマアカデミー賞>主演女優賞は「石子と羽男」有村架純 『一日中、笑いながら撮影ができる楽しいチームでした』

2022/11/10 17:00

第113回ドラマアカデミー賞で主演女優賞を受賞した有村架純
第113回ドラマアカデミー賞で主演女優賞を受賞した有村架純撮影=阿部岳人

2022年7~9月放送ドラマを対象に開催した第113回ザテレビジョン・ドラマアカデミー賞の受賞者を発表中。主演女優賞は、「石子と羽男―そんなコトで訴えます?―」(TBS系)の有村架純が受賞した。有村が演じたのは、東大卒のパラリーガル・石田硝子。有村が演じた“石子”には「どんどん石子のキャラクターがいとおしくなる」「すごくチャーミング」との声が。W主演を務めた中村倫也演じる羽男とのテンポのいい掛け合いも話題になった。

ラストシーンは中村倫也の提案で…

受賞を受けて有村は、「作品賞と監督賞、主演男優賞、助演男優賞もいただき、みんなで受賞できたのがうれしいです。2年前、新井プロデューサーがこのドラマを提案してくださり、それがようやく実現し、結果的に皆さんに届くものになったと思うと、感慨深いですね」と喜びのコメント。

視聴者からは「真面目過ぎる女性を、圧を感じさせずチャーミングに演じた」という声が届いたが、有村は「石子は真面目で頭の固い女性ですが、演じるには東大卒などのスペックにとらわれず、柔軟性を意識しました」と振り返った。

W主演を務めた中村倫也は主演男優賞を受賞。有村は「中村倫也さんが現場で本当に自由に演じていたので、それにうまく乗っかりたいという思いも出てきて、倫也さんに引っ張っていただきました」と"相棒"への感謝を伝えた。

また、「ラストシーンは倫也さんが『今までのやりとりを想起させるような内容で締めくくろう』と提案してくれ、2人が出会ったとき羽男は柱に隠れていたのでは?というセリフにリンクする会話を入れることに。そんなふうに作品にとことん向き合う倫也さんの熱意が、あのラストにもつながりました」と最終回の裏側も明かした。

今でも「SP版をやりたいね」という話はしています

同作は最優秀作品賞を含む5冠を達成。ファスト映画、キックボード事故など現代ならではの問題を描いた点も評価された。有村は、「私もパラリーガルの石子を演じたことで、法律を身近に感じられましたし、セリフで何度も出てきましたが、世の中にたくさんいる『声を上げること』が苦手な人の背中を押せる作品になれたのなら、本当に良かったです」と語った。

視聴者からは石子と羽男のその後を見たいという声も多く上がったが、有村も「一日中、笑いながら撮影ができる楽しいチームだったので今でも『SP版をやりたいね』という話はしていて、いつか実現したらうれしいですね」と期待をのぞかせた。
(取材・文=小田慶子)

画像一覧
5

  • 第113回ドラマアカデミー賞で主演女優賞を受賞した有村架純
  • 【写真】有村架純は「ひよっこ」以来2度目の主演女優賞受賞
  • 「石子と羽男」は中村倫也とのW受賞を含む5冠を達成
  • 続編を待ち望む声も多く届いた
  • 助演男優賞を受賞した赤楚衛二らレギュラー出演者やゲストの演技も注目された

関連ニュース

  • 「石子と羽男―」が第113回ドラマアカデミー賞で最優秀作品賞を受賞

    <ドラマアカデミー賞>最優秀作品賞は「石子と羽男」『完璧じゃない彼らを愛してもらえたのならうれしい』(新井順子P)

    2022年11月9日17:00

関連番組

No Image

石子と羽男―そんなコトで訴えます?―

出演者:有村架純 中村倫也 赤楚衛二 おいでやす小田 MEGUMI イッセー尾形 さだまさし 

関連人物

  • 中村倫也

    中村倫也

  • 有村架純

    有村架純

  • 連載「Museの素顔」

    第12回は長野美郷が登場連載「Museの素顔」

  • BLUE ENCOUNT田邊駿一のドラマ語り!

    BLUE ENCOUNT田邊駿一のドラマ語り!

  • アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

    オリジナルコミック連載!アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

  • コミック試し読みまとめ

    話題の作品がいっぱい!コミック試し読みまとめ

  • イラストコラム「いつもテレビをみています」

    イラストコラム「いつもテレビをみています」

  • Paraviオリジナル「ギルガメッシュFIGHT」特集

    Paraviオリジナル「ギルガメッシュFIGHT」特集

もっと見る