朝青龍「ドルジに戻ります」“人生ラスト相撲”で圧巻の8連勝!

2018/01/01 12:34 配信

バラエティー

朝青龍vs琴光喜の一戦は本場所さながらの激しさ!

朝青龍vs琴光喜の一戦は本場所さながらの激しさ!

2017年12月31日に生放送された特別番組「朝青龍を押し出したら1000万円」(AbemaSPECIAL)で、朝青龍が強豪たちの挑戦を跳ね除けて見事8連勝を飾った。

同番組は、大相撲第68代横綱として活躍し、歴代4位の25回の優勝を誇る朝青龍が、2010年の引退から約7年ぶりに1夜限りで土俵に復活した大みそかの特別企画。

本番組では、「張り手なし」「立ち合い時の変化なし」「カチアゲなし」で、どちらかが土俵内の土、もしくは土俵の外に足を含む体の一部分が接触した時点で勝負が決まるとする番組オリジナルルールで行われ、元横綱の朝青龍と対戦者が賞金1000万円を懸けて相撲対決した。

一戦目の“元フランス外国人部隊”久保昌弘さん、二戦目の“京大卒!偏差値82の戦士”徳原靖也さん、三戦目のVIPチャレンジャー1人目“柔道銀メダリスト”泉浩、四戦目の“ブラジリアン柔術世界一”リダ・ハイサム・アイザックを、どんどん倒していく朝青龍。

五戦目にはバラエティーでも活躍する、“プロレス界最強の頭脳”ことスーパー・ササダンゴ・マシンのマスクが取れてしまうというハプニングもありつつ倒し、六戦目の “一般チャレンジャー”の中で勝利予想一番人気の“アメフト元日本代表”清家拓也、七戦目のVIPチャレンジャー2人目“大みそかの横綱キラー!”野獣ボブ・サップも真剣勝負の末、朝青龍が圧倒的な力を見せつけて勝利を収めた。

そしていよいよ結びの一番。VIPチャレンジャー3人目として“横綱食いの最終兵器”元大関・琴光喜が登場。現役時代をほうふつとさせる体と体のぶつかり合いの末、朝青龍が見事勝利し、8連勝を達成した。

勝負後、朝青龍は「いい相撲を取れました。これが本当に人生で最後の相撲。ドルジに戻ります」と語り、琴光喜も「気持ちよく引退できました」と笑顔で握手を交わした。

「朝青龍を押し出したら1000万円」
Abemaビデオで全編無料配信中

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース