SAY-LA・東江ひかりのラストダンス!“卒業シングル”ウィークリー3位で有終の美を飾る!!

2018/01/10 06:00 配信

音楽

SAY-LAが2018年1月7日、東京・渋谷のWWW-Xで「『3000年に一度のハピネス』リリイベ最終日SAY-LA 東江ひかり卒業ワンマン」を開催。本公演をもって、メンバーの東江ひかりがグループを卒業した。

詰め掛けたファンが会場を紫色のペンライトで染め上げる中、東江の卒業ライブは「MARIA」からスタート。東江は声がほとんど出ない状況でのライブとなったが、自身のパートをファンに歌ってもらうよう促したり、藤沢泉美がフォローして歌ったりと、この瞬間でしか作れないエモーショナルな熱い展開に。

この日は、10月のワンマンライブで好評だった「1/2×2」のアコースティックバージョンを、SAY-LAの音楽プロデューサー・石谷光、西田健児のアコギ演奏と共に披露。本編ラストは1stシングル「こじらせ片想い」の大きな「あがりぃ」コールで締めくくった。

東江がSAY-LAとして歩んだ約2年間、そして約10年間の芸能活動の重みを感じさせるアンコールの後は、SAY-LAのプロデューサー・渡辺直樹が制作した白い卒業衣装に身を纏い、東江が再登場。集まった観客に手紙を読んだ。

「皆さんみたいに、誰かのことを本気で応援できるような、優しい人間になりたいです」と話し、石谷光から贈られた曲「さよなら」をソロで歌唱。声が出ない中、前日にレコーディングした音源とともに大切な楽曲を歌い上げた。

普段はめったに泣かない天原瑠理をはじめ、メンバーやスタッフが泣きじゃくる中、最後は東江がSAY-LAの曲で1番好きで、元気をもらってきたという「BELIEVE」、そして最新2ndシングル「3000年に一度のハピネス」を6人で歌って終演。

この日、初披露されたソロ曲「さよなら」と共に、東江のこれまでのライブやオフショットが編集された映像が流れ、大きな拍手が送られる中、東江の卒業ライブは終了した。

ライブ後、「SAY-LA 東江ひかり卒業記念1st & Last写真集『ありがとう。あがりぃ。』」(天使かよ!)がAmazon Kindleで先行配信され、各電子書籍サイトでも順次配信となる。この写真集には、東江のSAY-LAデビューから卒業発表、直前のライブまでの写真が、日付や会場名と合わせて掲載されている。

なお、東江にとってラストシングルとなった「3000年に一度のハピネス」(1月2日発売)は、1月1日付のオリコンデイリーチャートで1位を獲得。リリース前に東江が「歌詞に『バトン受け継ぎながら 少しずつ前に進んできた世界♪』ってあるんですけど、それを歌っている時に、自分の気持ちとすごいシンクロして(笑)」と語り、「卒業してしまうメンバーがいるけど、バトンを引き継いで、ずっとSAY-LAが続いてほしいなって思います。今まで私を応援してくれたファンの人も、ずっとSAY-LAを応援してほしいです!」と願った楽曲が、オリコンウィークリーチャートでも堂々の3位にランクインした。

あがりぃ、支えてくれた人たちに感謝! 感謝!! (2/2)

■「SAY-LA 東江ひかり 卒業記念 1st & Last写真集『ありがとう。あがりぃ。』」
Amazon Kindleにて先行配信
【HP】https://www.amazon.co.jp/dp/B078T7YTFZ/

各電子書籍サイトで順次配信予定
撮影:神 浩二/レーベル:天使かよ!(EA)/出版:デジタルブックファクトリー
1080円(税込)

■2ndシングル「3000年に一度のハピネス」
発売中 1000円(税込)

■SAY-LA公式HP
【HP】www.say-la.jp/



◆ザテレビジョンWEBではTOKYO IDOL FESTIVALの関連ニュースを続々更新中!◆

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース