ヒロインは矢作穂香! 人気舞台「大きな虹のあとで―」再演の女学生役4人が決定

2018/01/19 12:00 配信

芸能一般

入江甚儀、市川知宏、上杉柊平、瀬戸利樹が戦争の時代に生きた四兄弟を演じる舞台「大きな虹のあとで~不動四兄弟~」(8月3日~7日、東京・シアターサンモール)。チケット即完売だった‘17年公演の再演として注目を浴びる本作で、物語を彩る女性キャストが明らかになった。

JJ専属モデル・山賀琴子が初舞台

「大きな虹のあとで―」は、戦時中の日本を舞台に特攻部隊に志願する兄弟の笑いや夢、恋、そして生きざまを描いた作品。戦争の影が色濃くなる中、明るく生きる不動家の四兄弟・長男の月(市川)、次男の空(上杉)、三男の大地(入江)、四男の草太(瀬戸)にも、ついに出撃の命令が下る。出撃前夜、四人はそれぞれの夢について語り合い、明日が来るのを待つ――。戦争、特攻隊、そして家族をテーマに描かれる、切なくも温かい物語だ。昨年は四兄弟を入江、市川と竜星涼、山本涼介が演じ、深い感動を呼んだ。

その一方で、コミカルなシーンや恋模様を盛り込んだ青春物語でもある。そんな“青春”パートを担うのが、女学生役を演じるフレッシュな女性キャストだ。

ヒロインは、旧芸名・未来穂香としてドラマ「鈴木先生」(テレビ東京系)など多数作品に出演し、公開中の映画「花筐/HANAGATAMI」での肺病を患う少女・美那役も印象深い矢作穂香が務める。また、ドラマ「明日、ママがいない」(日本テレビ系)の“ピア美”役で圧倒的な演技力を見せた桜田ひより、「あなたのことはそれほど」(TBS系)に主人公の親友役(学生時代)で出演し注目を集めた喜多乃愛も、矢作と同じく‘17年公演に引き続いて出演。そして今回は、雑誌JJの専属モデルで‘16年のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)でドラマデビューした山賀琴子が初舞台を踏み、物語に華を添える。

【演出】 秦秀明(TEAM DD)
【脚本】 ニイボシアタル(TEAM DD)
【キャスト】 入江甚儀 市川知宏 上杉柊平 瀬戸利樹 ほか
【公演日程】 2018年8月3日(金) ~ 8月7日(火)
【劇場】   シアターサンモール 〈東京都新宿区新宿1-19-10サンモールクレストB1〉
【主催・制作】 研音
【公式HP】 http://www.ken-on.co.jp/stage/nijiato/

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース