ケンドーコバヤシ、あふれる「ジャンプ」愛を語る!

2018/02/22 18:55 配信

浩史(伊藤淳史)の上司・大嵐寿三郎を演じるケンドーコバヤシ

浩史(伊藤淳史)の上司・大嵐寿三郎を演じるケンドーコバヤシ

テレビ東京と創刊50周年を迎える「週刊少年ジャンプ」(集英社)がタッグを組んだ「ドラマ24 第50弾特別企画『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』」(毎週金曜夜0:12-0:52ほか)が放送中。

本作は伊藤淳史が主演を務め、「ジャンプ」の名作漫画の裏話や創作秘話などを交えながら、さえない会社員・浩史(伊藤)らの成長を描くエンターテインメントドラマ。

浩史の上司・大嵐寿三郎を演じるケンドーコバヤシにインタビューを行い、ドラマの話や自身に影響を与えた漫画など、愛する「ジャンプ」についてたっぷりと語ってもらった。

秘密クラブに行ったら転校生みたいでした(笑)

――ドラマの話を聞いた時の感想を教えてください。

マネージャーから連絡があった時にちょうどパチンコで大当たり中だったので、それどころじゃなかったですね。「話は後で聞く!」って言いました(笑)。

――ドラマに出てくる「ジャンプ」の創作秘話などは、漫画やアニメに詳しいケンコバさんから見ていかがでしたか?

結構知っているエピソードが多かったです。直接、先生たちからお聞きしたような話もありましたし。僕は、世の中の万物に関して知らないことの方が少ないのでね~。

――漫画家や「ジャンプ」編集部の方とも仕事の機会が多いと思いますが、ドラマの反響などはありましたか?

仕事で「ジャンプ」編集部に行かせていただいた時に、僕がまるでドラマの責任者であるかのように(編集部の方から)頭を下げられ、ご丁寧にお礼を言っていただいたんですよ。ロケ中ということもあり、「良きに計らえ」くらいの態度をとりました(笑)。編集長からも「よろしくお願いします!!」と言っていただきました。

ケンドーコバヤシは撮影中、伊藤に「ガラケー使用をいじられた」と明かす

ケンドーコバヤシは撮影中、伊藤に「ガラケー使用をいじられた」と明かす

(C)「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会

――伊藤淳史さんとのシーンがほとんどですが、伊藤さんの印象や撮影中のエピソードなどはありますか?

僕、まだ“ガラケー”を使っているんですよ。それを結構いじってきて、みんなに言いふらされました。なので、悪いやつだなって思っています(笑)。

――撮影は会社のシーンが多いですが、秘密クラブに行ってみたいと思いませんか?

伊藤さん以外の出演者の方とほとんど絡みがないんですよね。でも、(秘密クラブは)DVDの特典映像の撮影で行ったんですよ! 困っちゃいましたね…。ほぼ初対面のメンバーと「座談会してくれ」という究極のむちゃぶり食らっちゃいまして(笑)。

――会話は弾みましたか?

…弾まなかったです!!(笑) 共有の思い出がほぼないので、ちょっと僕だけずれている感じがしました(笑)。

――「ジャンプ」の雑誌や小道具など、秘密クラブのセットは細部までこだわっていますね。

秘密クラブすごかったですね。「あ、この号あたりから(雑誌を)買っていたな~」というのを見たりしていました。テンションを上げたかったんですけど、何と言っても、やっぱり転校生みたいだったのでおとなしくしていました。転校生がはしゃいだら最悪でしょ(笑)。

コスプレをしたかったキャラクターやドラマの見どころを語る! (2/3)

ドラマ24 第50弾特別企画「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」
毎週金曜夜0:12-0:52ほか
テレビ東京系で放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物