エモさあふれる「Be!」でベボガ!がメジャーデビュー!!(前編)

2018/04/10 08:00 配信

音楽

メジャーデビュー間近のベボガ!にインタビュー

メジャーデビュー間近のベボガ!にインタビュー

ベボガ!が4月11日(水)、シングル「Be!」(※正式表記は全角)で念願のメジャーデビューを果たす。現在、メジャーデビューに向けリリースイベントを開催中。そこで、メンバーの水沢心愛、葉月梨花、三浜ありさ、水戸しのぶ、鹿目凛の5人に話を聞いた(樋口彩は欠席)。

――メジャーデビューシングル「Be!」はどんな曲ですか?

ぺろりん:この曲は、歌が下手だったり、ダンスができなかったり、容姿端麗じゃないとか、ダメダメだったら夢見ちゃダメなの?っていう反抗している感じとか、何と言われても夢をかなえたいっていう強い気持ちが込められている曲になってるんじゃないかと思ってます。出だしに、ここたん(水沢)がソロで歌うんですけど、最初から結構インパクトがある感じになっているなって。

水戸:気持ちもこもっててね。

水沢:私、歌がすごい苦手なんですけど。でも、歌詞で「嘘のない声で君に届けよう」みたいなメッセージっていうか、サビも「下手でも歌いたい」っていう歌詞なんで、歌いたいから歌ってる、踊りたいから踊ってるみたいな、開き直りじゃないんですけど、強いメッセージ性というか。あと、「ベボガ!」って歌詞に入ってて、ベボガ!にしか歌えない曲だなって。それはそうなんですけど(笑)。

葉月:全ての人を勇気づけられる曲だなって思ってて、どんな人が聞いても勇気がもらえるんじゃないかなって。ベボガ!って、最初はお客さん0人から始まって、いろいろな事があってメジャーデビューまで来たんですけど、雑草魂っていうか、「やってやるぜ!」っていう思いが込められています。

三浜:気持ちがこもるような歌詞になってて、私たちもライブとかで歌ってて、ファンの人たちも共感してもらえるっていうか、ベボガ!を知ってくださってる方ならきっと、「確かに、ベボガ!っていう感じの曲だね」っていう、ファンの人ももっとベボガ!を応援しようと思ってくれるような、歌なんじゃないかなって思います。

鹿目:好きな歌詞の部分があって、「世の中、歴史変えたのはボール球スッカッコーン逆転ホームラン」っていう、ちょっと変てこりんな感じの部分で。でも、歴史を変えたのはそういうものだよって、ヒャダインさんが歌詞にしてくれたところが、ちょっと変てこりんだけど、歴史を変えたのはそういう人たちだし、頑張るぞ!っていう感じが、歌ってて勇気をもらえます。

葉月:MVもそうなんですけど、この曲は少しロック要素があって、お披露目した後ファンの人にも「ロックだね」って言われて。今まで、ベボガ!ってロックっぽいなって思ったことがなかったんですけど、そのダメダメでもやるぞ!っていう気持ちがロックっぽいとも言われました。

出だしが自身のソロだと知ったときの水沢の心境は…? (2/3)

■メジャーシングル「Be!」
4月11日(水)発売 Type-A:2000円(税込) Type-B:1000円(税込)
【HP】http://2zicon.tokyo/?mode=beboga
【Twitter】@bebogainfo

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース