山田杏奈、「幸色のワンルーム」実写化でドラマ初主演! 上杉柊平共演で“被害者”と“誘拐犯”のいびつな共同生活描く

2018/05/29 05:00 配信

ドラマ

「幸色のワンルーム」幸役の山田杏奈、お兄さん役の上杉柊平(写真右から)

「幸色のワンルーム」幸役の山田杏奈、お兄さん役の上杉柊平(写真右から)

朝日放送テレビが立ち上げた新たな連続ドラマ枠「ドラマL」の第2弾「幸色のワンルーム」が、7月7日(土)よりテレビ朝日(関東)、7月8日(日)よりABCテレビ(関西)でスタートすることが決定。ドラマ初主演となる山田杏奈、上杉柊平らが出演することが分かった。

本作は、WEBの累計閲覧数が2億8000万を突破した、「ガンガンpixiv」で連載中のはくり氏による人気コミックを実写化。誘拐犯の「お兄さん」と「幸」と名付けられた被害者である少女のいびつな関係を描く。キャラクターのビジュアルは、原作コミックの世界観を忠実に再現し、コミックには描かれていないオリジナルストーリーも登場する。

両親から虐待を受け、同級生からはいじめられ、行き場を失った14歳の少女「幸」役には、公開中の映画『ミスミソウ』で主演し、ドラマやCMなど幅広く活躍する若手女優・山田杏奈を起用。山田は、「ドラマでの主演が初めてということもあって『私で良いのかな…』とも思ったんですけど、とてもうれしかったです。『普通とは違う』2人が築いていく人間関係を描いた物語で、新しいなと思いました」と明かす。

一方、「お兄さん」役には、『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)や『ハケンのキャバ嬢・彩華』(ABCテレビ)などドラマ・映画で活躍する上杉柊平が、今まで一度も染めたことがなかったという黒髪を染め上げ、原作キャラの完全再現に挑む。上杉は、「原作を読んで、幸とお兄さんがメインの2人で、その1人が自分だということ、僕がそういうふうに関わらせていただけること、誰かと一対一で演じられること、たくさん芝居をさせてもらえること…そういうことを考えてすごくワクワクしました」とコメントを寄せた。

この他、幸の人生を狂わせ、2人の生活に大きな影響を与える“クセの強い”登場人物には、木下ほうか、雛形あきこ、戸塚純貴、わたなべ麻衣など個性豊かな役者が勢ぞろい。さらに、アイドルグループ「=LOVE」より齊藤なぎさ、佐々木舞香の2人がドラマ初出演を果たす。

気になるストーリーは? (2/3)

「幸色のワンルーム」
7月7日(土)スタート
毎週土曜夜2:30-3:00※時間変更の場合あり
テレビ朝日で放送(関東)

7月8日(日)スタート
毎週日曜夜11:35-0:05※時間変更の場合あり
ABCテレビで放送(関西)

◆7月スタートの連続ドラマまとめはコチラ◆


関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース