人気の理由は“太ってるおじさん”だから!? サンドウィッチマン・伊達みきお「シャンシャンみたいなものだと思われてるのかな(笑)」

2018/08/13 17:00 配信

芸能一般

幅広い年齢層の視聴者はもちろん、芸能界にもファンが多い“愛され芸人”サンドウィッチマン。ここ2~3年でレギュラー番組もぐんぐん増加! 結成20年を迎えた今年、好きな芸人ランキング1位にも輝いた彼らに、今の心境や今後やりたい番組などを聞いてみました。

“愛され芸人”サンドウィッチマンを直撃!

“愛され芸人”サンドウィッチマンを直撃!

撮影=横山マサト

MCのポジションをやる機会は確かに増えました

――この1~2年でお2人の人気がさらに加速しています。この6月に発表された「好きな芸人ランキング」(日経エンタテインメント調べ)では、並み居る人気芸人を抑えて第1位に輝きましたが、実感はありますか?

伊達みきお:実感はないですね~。出演番組の数も大きくは変わってないですし。

富澤たけし:MCのポジションをやる機会は確かに増えましたけど。でも、こういうランキングは僕らがエントリーしたものじゃないから、実感がないんですよね。

伊達:「好きな芸人1位、どう思いますか?」と聞かれますけど、ただ「ありがたい」っていうだけで。面白さという方向では、自分たちが面白いと思ったことをして、それに共感してもらえるのはうれしいけど、好感度は「1位になろう」と思って何かしているわけではないですから。

――ご自身としては、人気の秘訣は何だと思いますか?

伊達:二人とも太ってるおじさんだからじゃないですかね。シャンシャンみたいなものだと思われて(笑)。オーラがないというか、イケメンじゃない普通のおじさんなところ。そこは大事ですよね。

――今回のロケ中もたくさん声をかけられ、握手を求められていましたね。

伊達:まぁ太ってる2人がロケしながら歩いてたら、そりゃ気付かれますよ(笑)。子供も寄ってきてくれますね。昔も今もこんな見た目なのに。時代が僕らに追い付いたんでしょうかね(笑)。最近は「サンドウィッチマンだ!」ではなく、「伊達さん!」と名前を呼ばれることが増えましたね。富澤も昔は「宮沢さん」と間違えられたり、「伊達さんじゃない方」とか言われていたんですけど、最近は「富澤さん!」って。出世しましたね(笑)。

親しみやすさも人気の一因 (2/3)

さんどうぃっちまん 富澤たけし=1974年4月30日生まれ、AB型。伊達みきお =1974年9月5日生まれ、A型。ともに宮城県仙台市出身。テレビ・ラジオの出演数が年々増加。現在は14本ものレギュラー番組を持つ。