「今までどこにいたの?」サンドウィッチマンを見出した2人の敏腕Pの存在

2018/08/15 12:00 配信

芸能一般

高校時代を同じラグビー部で過ごし、卒業後数年を経て1998年にコンビを結成。ことし9月で結成20年を迎えるサンドウィッチマン。M-1グランプリ2007で優勝し、一躍脚光を浴びるまでの彼らが、どのような歩みを経て力をつけてきたのかを語ってもらいました。

コンビ結成から今までのサンドウィッチマンの歩みに迫る!

コンビ結成から今までのサンドウィッチマンの歩みに迫る!

撮影=横山マサト

10年も同居、ってそんなにすごいことですか?(笑)

――1998年にコンビを結成して上京されたお2人。その後、M-1グランプリで敗者復活からの優勝を果たす2007年までに約10年ありました。当時はお2人同居されていたんですよね。

伊達みきお:そうですね。「10年も同居してたってすごいですね!」と驚かれるんですが、それが今もピンとこないんですよね。そんなにすごいことですかね?

――珍しいとは思います(笑)。ネタ合わせは家でやっていたんですか?

伊達:そうですね。布団で寝ながらとか。

――目を瞑る直前までネタ合わせ? 興奮して寝付けなくないですか?

富澤たけし:そんなトップギアではやらないですよ(笑)。ぼそぼそとセリフを合わせる程度で。

伊達:夜中だしね。セリフの確認というか。

富澤:動きも感情もなくただセリフを言ってるだけなので、興奮はしないです。

伊達:立って稽古をするときは、足の踏み場がなかったので、ちょっとスペースをこじ空けてね。舞台と同じように2人で同じ方向を向いてやっていました。

――当初はホリプロさんに所属されていた時期もあるんですよね?

伊達:そうですね。3~4ヵ月しかいなかったんですけど。

――当時、接点があった先輩芸人さんはいますか?

伊達:さまぁ~ずさんとは草野球を一緒にやってたんですけど、覚えてないだろうな…というくらいの接点の薄さです。でも当時、三村さんが若手のネタを見てくれていて、一度ネタ見せで見てもらったことがあるんです。「面白い」と言ってもらえてうれしかったですね。

ターニングポイントは「エンタの神様」と「M-1グランプリ」

ターニングポイントは「エンタの神様」と「M-1グランプリ」

撮影=横山マサト

2人の人生を変えた「エンタの神様」と「M-1グランプリ」

――大きく変わったターニングポイントは「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)ですか?

伊達:ターニングポイントは「エンタの神様」(日本テレビ系)と「M-1グランプリ」ですね。僕らは世に出られなければきっぱり辞めようと思ってましたから。「エンタの神様」は、当時出ていたお笑いライブが撮影されていて、それを見たスタッフさんから出演依頼をもらいました。都内の大体のライブに、そういう(芸人発掘目的の)カメラが入っていたんです。それでもずっと引っ掛からなくて、ようやく引っ掛かったのが2005年。それからしばらくして「エンタの神様」に出られるようになって。それと同じころに出始めた「虎の門」(2001~2008年テレビ朝日)もターニングポイントでしたね。生放送でネタをやったのは「虎の門」が最初です。「虎の門」の藤井智久プロデューサーと、「エンタの神様」の五味一男プロデューサー。この2人が僕らを見つけてくれた恩人ですね。「虎の門」のネタ見せでは、(後にM-1で優勝した)ピザ屋のネタをやったんですよ。そうしたら藤井さんが「今までどこにいたの?」と言ってくれて。普通にいたんですけどねって(笑)。そこからほぼ毎週、漫才をやらせてもらいました。いろいろ怒られたりもしましたけど。

――ネタのテイストだとか、何かしらを変えたから目に止まったわけではなく?

伊達:ツッコミのテンポだとかをちょっと前から変えてはいました。でも大きく変えたりはしてないですね。

――昨年放送された「漫才先生」(NHK総合)で言われていて話題になりましたが、漫才の始まりを「〇〇が一番興奮するね」「間違いないね」の一言ですぐネタに入る形に固定したのはいつごろ?

伊達:あれはM-1からだよね。

富澤:M-1対策だね。2006年くらいにはやってたと思います。

伊達:すぐネタに入るにはどうしたらいいかと考えて。M-1はネタ時間が4分しかないので、どうやったら瞬時にネタに入れるか。だいたいみんな「オレ警察官になるのが夢なんだよ」「じゃぁ俺が泥棒役やるから、おまえ警察官やってみなよ」というつまらない何秒かがあるんですが、それがもったいないなって。すぐネタに入れるように考えて、この形にしました。

――そして2007年の年末に念願のM-1グランプリ優勝。敗者復活からの優勝でしたが、敗者復活戦を勝ち上がる手応えはあったんですか?

伊達:いえ、それまでも敗者復活戦には毎年出ていたので、いつも通りにネタをやって終わり、という感じでした。

――それがあれよあれよと優勝まで一気に。そこからしばらくは同居されたまま?

伊達:半年後くらいにやっと引っ越しました。優勝してからそれまで休みがまったくなくて。

――引っ越す時には万年床の下の畳が腐っていたとか…。

伊達:そう。だから退去するときにけっこうな金額を請求されましたね(笑)。

さんどうぃっちまん 富澤たけし=1974年4月30日生まれ、AB型。伊達みきお =1974年9月5日生まれ、A型。ともに宮城県仙台市出身。テレビ・ラジオの出演数が年々増加。現在は14本ものレギュラー番組を持つ。

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース