閉じる

「ものすごく青春していました!」岡崎紗絵の高校時代の涙の思い出

2018/10/20 08:00

岡崎紗絵の“女優”のきっかけを作った高校時代の思い出とは
岡崎紗絵の“女優”のきっかけを作った高校時代の思い出とは撮影=西村康


季節はすっかり秋模様。モデルで女優としても活躍中の岡崎紗絵は「大好きな夏が終わってしまって、寂しい…」とつぶやきつつも、秋には「ものすごく青春していました!」という大切な思い出があるのだとか。まぶしいほどの高校生活の思い出、もうすぐ迎える誕生日について胸の内を明かしてもらった。

夏好きの岡崎紗絵。「大好きな夏が終わってしまって、寂しい…」とつぶやきつつも、秋には「ものすごく青春していました!」
夏好きの岡崎紗絵。「大好きな夏が終わってしまって、寂しい…」とつぶやきつつも、秋には「ものすごく青春していました!」撮影=西村康


――すっかり秋になりました。岡崎さんにとって、秋といえばどんな思い出が心に残っていますか?

秋というと、高校時代の文化祭が思い出に残っています。文化祭には命をかけていたんです!(笑)。私の学校は、文化祭と体育祭が連日にわたって行われるという、変わった学校でした。毎年、出し物のためにみんなで夏休みも返上して作業していたんです。

――出し物で、特に印象深いものはありますか。

演劇をやったのは、印象深いです。私は王女様役を演じたのですが、王子様をめぐって何人もの王女様が争いになるというストーリーで、私はその中の王女様の一人でした(笑)。「私の王子様よ。返して!」というセリフで…。今思うと恥ずかしいですね。そのころは、まさか自分が女優のお仕事をすることになるとは思っていなかったので、今思うとききっかけだったのかもしれないですね。

演じるのはもちろん、脚本から美術、衣装など全て生徒がチャレンジするのですが、脚本は舞台をやっていた子が書いてくれました。どんな出し物をするのにも、“社会情勢を含める”という決まりがあったので、王子様を巡る争いの中にも不平等や多様性を含んだ内容になっていたんです。

スタイリスト=岸本佳子/ヘア&メーク=中村潤(資生堂)/衣装協力=ZADIG&VOLTAIRE/撮影協力=Circus Outdoor TOKYO

おかざき・さえ=1995年11月2日生まれ、愛知県出身。B型。「Ray」の専属モデルとして活躍する一方、ドラマ「人は見た目が100パーセント」「僕たちがやりました」(2017年共にフジテレビ系)、「ブラックペアン」(2018年TBS系)などに出演するなど、女優としても出演作を増やしている

★↓↓注目若手女優・岡崎紗絵のインタビューを「WEBザテレビジョン」で配信中↓↓★


画像一覧
6

関連人物

  • 岡崎紗絵

関連ニュース

  • 中川大志が「好き…だから」と告白する相手とは!?

    2017年1月26日8:00
  • 「人パー」ブルゾンちえみが舞台裏を明かす!

    2017年5月14日7:00
  • まるで森の妖精!岡崎紗絵 大自然の中で健康的な美脚も!

    2018年8月25日11:00
  • スポーツの秋にちなんで、STU48メンバーが体を張ったゲームにチャレンジ!

    2018年10月12日13:24