大政絢『今度会うときは…地獄ね』破滅に向かう姿に「退廃的な色気がすごい…」<昭和元禄落語心中>

2018/11/03 11:06 配信

ドラマ

みよ吉を演じる大政絢
みよ吉を演じる大政絢(C)NHK


岡田将生主演のドラマ「昭和元禄落語心中」(毎週金曜夜10:00-10:45、NHK総合) 第4回「破門」が11月2日に放送された。菊比古(のちの八代目有楽亭八、岡田)と芸者・みよ吉(大政絢)の切なすぎる別れ話と助六(山崎育三郎)の破門が絡み合い、物語が大きく動いた第4回。破滅に向かう展開を、ファンは固唾を飲んで見守った。(以下、ネタバレがあります)

みよ吉「いっそ ひと思いに殺してよ」


【写真を見る】“芸のため”に菊比古(岡田将生)から捨てられるみよ吉(大政絢)。退廃的な色気がすごい…
【写真を見る】“芸のため”に菊比古(岡田将生)から捨てられるみよ吉(大政絢)。退廃的な色気がすごい…(C)NHK


「昭和元禄落語心中」は、雲田はるこの同名漫画を原作としたヒューマンミステリー。昭和の落語界を舞台に、主人公の八代目有楽亭八雲(岡田)を始め、芸の世界に身を投じた人々の生きざまを描く。原作のほか、アニメ版のファンも多い。

第4回では昭和29年、二ツ目として経験を積んだ菊比古と助六が真打昇進を目指し切磋琢磨する姿が描かれた。

この頃には、すっかりみよ吉と親密な関係になっていた菊比古。だが、真打になりたいならみよ吉とは別れろ、と師匠・七代目有楽亭八雲(平田満)に言われ始めていた。

菊比古の胸の内を察したみよ吉。赤い着物をゆるく着崩し、上目遣いで「あたしを捨てるんなら、いっそひと思いに殺してね」とささやく姿からは色気があふれ出るが、菊比古はつれない。

それでも「あたし、菊さんのためならなんだって我慢する」と一途に思いつめるみよ吉に、視聴者からは「みよ吉が切ない…」「みよ吉かわいそう!」「情が深い…みよ吉が不憫すぎてつらい」といった声が噴出した。

「昭和元禄落語心中」
毎週金曜夜10:00-10:45
NHK総合にて放送
ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
スタンプも貰えるキャンペーン実施中! 下のボタンから「友だち追加」しよう!


関連番組

関連人物