下野紘&梶裕貴が話題の海外ドラマで共演「付き合うならどっち」で爆笑!?

2018/11/12 18:00 配信

ドラマ

写真左から、下野紘、梶裕貴

写真左から、下野紘、梶裕貴

親友の付き合いで、何気なく受けたオーディションで大作映画の主役を射止めた女子大生・ペイジ。彼女がハリウッドで女優として成長していく姿を描いたドラマ「FAMOUS IN LOVE」が、スーパー!ドラマTVにて独占日本初放送されることが決定。吹替版の女性主要キャラクターに小宮有紗、潘めぐみ、斎藤千和というアニメで人気の声優を起用していることでも話題を呼んでいる。

そして、男性主要キャラクターの声優も豪華な顔ぶれだ。主人公ペイジのルームメイトで親友のジェイク・ソルト役を「うたの☆プリンスさまっ♪」の来栖翔役など、声優やアーティストとしても活躍中の下野紘、ハリウッドの若手スター、レイナー・デボン役には「進撃の巨人」のエレン・イェーガー役など数多くのアニメに出演する梶裕貴が担当。共演することも多い人気声優の2人が、ヒロインを巡るライバルを演じることでも注目を集める本作。今回は、彼らに作品の印象などを聞いた。

お2人が演じられるキャラクターについてお聞かせください。

下野「ジェイクは映画監督を目指して、脚本の執筆や舞台の演出など、いろいろチャレンジしていますけど、努力が報われずにいるキャラクターです。その上、ペイジとお互いに気になる存在だと分かっていながらも、一歩を踏み出せずにいて。物語の中で『もっとこういうふうにしておけば良かったのに』というようなことが結構多いです。スタートからさまざまなキャラクターたちが登場しますが、ペイジという1人の女の子の劇的な変化を皮切りに、周囲の人物もどんどん変化していきます。最終的にどうなるのか本当に見当がつかない感じなので、ジェイクもどうなっていってしまうのか、とても気になりますね」

梶「レイナーは段々と印象が変わっていくキャラクターなのですが、甘いマスクや巧みな会話術など、女性を引き付ける要素をたくさん持った男性だと思います。その上、お芝居も上手くて、母親がハリウッドの敏腕プロデューサーという強烈なバックボーンを持っている反面、女グセが悪かったり、アルコール依存症などのトラブルも抱えている、こういったドラマには欠かせない役どころですね。けれど、物語が進んでいくにつれて、ピュアな面や孤独な面、ちょっと子供っぽい面など、さまざまな要素が新たに見えてくる人物なので、レイナーはそこに注目いただけるといいのかなと思います」

ジェイクとレイナーは、ペイジを巡って恋のライバルになりますが、お2人がペイジならば、どちらと付き合いたいと思いますか?

下野&梶「自分がペイジ!?(爆笑)」

梶「正直に言ってもいいですか?僕だったらどっちも嫌です(笑)」

下野「僕はレイナーの親友で若手映画俳優のジョーダンかな」

梶「確かにジョーダンはいい男ですよね。でも、いつの時点での彼らと付き合うのかにもよりますね。ストーリー冒頭の関係で言えばルームシェアもしている分、ジェイクとペイジは親密で、ペイジはジェイクのことを好きなところからスタートしていますし。一方のレイナーはまだ出会っていない上に、いろいろ悪い噂を聞いているわけで...。でも、それが5、6話辺りになってくると」

下野「状況が変わってくるんですよね」

梶「レイナーと過ごす時間も増えてきますし、彼らが映画の中で演じる役柄の関係性もあり、レッスンや撮影で時間を共にする中で、心を入れ替えたりと、意外と一途な面があることが分かってきて」

下野「ジェイクはジェイクでいろいろあるんですよ。男の子って好きな女の子が自分以外の男と仲良くしていると、めちゃくちゃ嫉妬するじゃないですか。それが結構ある子なんですよ。見た目は僕よりも年上じゃないかと思うくらいですけど、やっぱりまだまだ幼くて、仕事だからという割り切りがまだできなかったりするんです」

梶「なので...やっぱり僕はもうちょっと様子を見させてください(笑)」

文=中村実香 撮影=干川修

さらにホミニスでは下野紘&梶裕貴のインタビュー全文と写真がもっと見られる!
ホミニスでは芸能人や有名人のインタビュー、出演情報&番組ニュースなどを毎日配信!


FAMOUS IN LOVE
放送日時:2018年11月23日(金)22:00~
※毎週(金)22:00~ほか
チャンネル:スーパー!ドラマTV
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。